天才女子高生ハッカー水無凛とは?コインチェック問題の犯人を特定か

コインチェック問題の犯人を天才ハッカーの女子高生が特定?

仮想通貨取引所コインチェックの、不正アクセスにより仮想通貨NEM(ネム)約580億円相当が外部流出した問題が大きな話題となりましたが、以外にも犯人が捕まるのは時間の問題になる可能性が出てきました。

なんとネット上で日本人の17歳女子高生の天才ホワイトハッカーが、犯人を追跡し、盗まれた通貨の所在を特定したという噂が広がっており、経緯などを解説するHPが続々と登場しているのです。

この「ホワイトハッカー」と言われている人物は、流出事件があった26日夕方にツイッターに下記の「ハッカーのアカウント監視はじめるか」と投稿しています。

Rin, MIZUNASHI (JK17)といい、その名前、投稿が日本語であることから、日本の女子高生とされています。漢字だと水無凛と書くそうです。

ただ水無凛に直接会ったという情報はなく、17歳の女子高生として噂は広がっているが、年配の凄腕ハッカーの可能性もあります。

「NEM財団が、流出資金自動追跡プログラムの作成を開始しました。その完成を待ち引き継ぎを行い、作業終了とさせていただきます。それまでは、こちらで追尾を続けます」
「犯人の財布にマーキングを行なっています」

とツイートしており、NEM財団と連携をとっており、利益目的ではなく、あくまで協力する立場での社会貢献として活動しているようです。

まさに漫画人物のような登場で、なんだかかっこいいですね。一気に注目が集まり、フォロワーは急増し、この件で40,000人弱も増えたのだとか。

しかも下記投稿から、社会貢献にもかかわらず、睡眠も取らずに作業をし続けていたことがわかります。

その後のコインチェック側の説明も、

気に入ったらシェアをお願いします!