NETFLIX新作アニメデビルマンcrybabyのストーリー&ネタバレ!原作との違い!

NETFLIX独占配信中のDEVILMAN crybabyが面白い!

最近よくSNSの広告で目にするNETFLIXで独占配信されている「DEVILMAN crybaby」!

こちらが面白くて今話題になっているようです!下記が公式サイトにも載せられているYOUTUBEにアップされている DEVILMAN crybabyの動画です!

いかがですか?原作デビルマンを知らない人でもアニメ好きならば、ひと目見てとてもワクワクする映像になっていますよね!

そこで今回は原作「デビルマン」と、NETFLIX独占配信の「DEVILMAN crybaby」についてまとめてみました!

 

原作デビルマンのストーリーや登場人物

デビルマンと聞いて、すぐに画が思い浮かぶ方も多いと思います!まさに上記の画像が我々が抱くデビルマンのイメージですよね!

このデビルマンは、永井豪により1972年から1973年にかけて製作された漫画が原作です!さらに同時期にTVアニメも制作・放送されていました。

しかし、デビルマンがどんなものかを知っていても、デビルマンのストーリーを知らない方は意外と多いはず!そこでまずは原作デビルマンのストーリーを調べてみました!



デビルマンの登場人物

主要人物

不動明(ふどう あきら)
本作品の主人公。あることがきっかけで、人間の心に悪魔の力と姿を持つデビルマンとなった。合体したデーモンの勇者アモンが強い能力を持っていたことにより、並みの悪魔以上の能力を得ている。デビルマンとなり得る資質「善良で純粋な心」を持ち正義を愛する若者で、もともと泣き虫で臆病な性格であったが、デビルマンとなった事で、好戦的な性格に変わっていった。両親が海外勤務中で、牧村家に居候している。組織的な攻撃を仕掛けてくるようになったデーモンに対抗するため、世界中からデビルマンを集めてデビルマン軍団を結成し対抗していく。

飛鳥了(あすか りょう)
明の親友。日本人の父と白人の母の間に産まれたハーフ。考古学者であった父の研究を引き継ぎ、デーモンの存在を知る。デーモンとの戦いに備え、最も信頼できる人間・不動明とデーモンの合体させるきっかけとなった。序盤に明とデーモンの戦いに巻き込まれ重傷を負い死んだかと思われたが、生存しておりテレパシー能力のようなものが使えるようになる。デーモンとの戦力差を実感し、人類を犠牲にしてでも明だけ生き残るように考えるようになる。事件が自分の考え通りに展開していたことに疑問を抱き衝撃の事実を知る。

 

牧村家

Love❤︎ #DEVILMAN #crybaby #牧村美樹

peach_chestnutさん(@momo_to_kuri)がシェアした投稿 –

牧村美樹(まきむら みき)
牧村家の長女。同居人の明とは友達以上恋人未満の関係である。明が気弱だった頃は良く言えば砕けた態度、悪く言えば見下した態度を取っており、幼少期の失態をからかったり、ドス六に対して無用な喧嘩をふっかけ、逃げ腰の明を侮蔑している。明がデビルマンになり好戦的な性格になってからは、好意的に振舞っている。のちに明が生物学的に人間でないことを知り驚くが、その心は人間・不動明のままだとしてその事実を受け入れる。だが悪魔によって殺され、五体をばらばらにされてしまう。

牧村健作(まきむら けんさく)
美樹の弟。愛称は「タレちゃん」。愛称は怖い目に遭うと失禁、すなわちおしっこを「タレ」てしまうことに由来している。『DEVILMAN crybaby』では太郎(たろう)という名前で登場しており、明のアカウントを使用してサバトの映像を観るなどのデーモンへ憧れを持ち、最終的にデーモンに取り憑かれてしまい、食欲を抑えられず、亜樹子を食べてしまった所をノエルと共に悪魔特捜隊に銃殺される。

牧村夫妻
明の父・礼次郎、妻・須弥子とは親友同士。両親が海外出張中の明を実の息子のように世話している。明が生物学的には人間でないことが暴露され、悪魔特捜隊から逃がすが、その腹いせに本部に連行されて苛酷な拷問を受け死亡する。『DEVILMAN crybaby』では夫の名前はノエル、妻の名前は亜樹子(あきこ)となっている。



デビルマン軍団と協力者

政(木刀政)
明に喧嘩を売った不良グループ(本人たちはプロレス野球部と名乗る)のリーダー。明に叩きのめされた挙句に、デーモンに操られていたのを助けられ、以降、人間のままグループ全員で、明とデビルマン軍団に協力することになる。牧村家が近隣の住民に襲撃された際に1人居合わせ、美樹と健作を守って奮戦したが、五体をバラバラにされ殺された。

ドス六
不良グループの一員。ドスが得物。序盤にて明と美樹に因縁をつけるが、1度目は銃を所持していた了に、2度目はデビルマンになったばかりの明に叩きのめされる。中盤、仲間たちともども明に叩きのめされた挙句に、デーモンに操られていたのを助けられる。以降、人間のまま、牧村家の警護やデビルマン軍団の調査活動に協力する。アモンに逆に肉体を乗っ取られた不動明の意識を目覚めさせるために、失敗した時はメリケン錠に後を託し、自身に同意してくれた三人のデビルマンと合体を行う。結果成功し不動明を目覚めさせるためにアモンに特攻する。

メリケン錠
不良グループの一員。得物はメリケンサック。

カミソリ鉄
不良グループの一員。剃刀が得物。グループ内では一番大柄。

チェーン万次郎
不良グループの一員。チェーンが得物。グループ内で只一人、明るい色のコートを着ている。

見張り
デビルマン軍団本部の入り口をマシンガン片手に見張っている。明やドス六と同じ学生服を着ているが、不良グループの一員かは不明。また人間かデビルマンかも不明。床屋をテーマにした合言葉で、本部への出入りをチェックしている。

ミーコ(実写版での本名は川本巳依子
一見大人しい少女だが、万引きの腕は天下一品。デーモンに合体され、デビルマンと化したと知らずに自分の醜い姿に苦悩する。『永井豪ワールド 悪魔事典』によるとデビルマンとしての名前は「トゥルグ」とされている。デーモンの総攻撃後は悪魔研究所に収容され、実験材料にされたところを明に救出される。胴体部分は奇怪な血管のような物に覆われ、胸部と腹部に大きな穴があり、そこから濃硫酸を多く含む液体を噴出させる。また下腹部には赤外線視力のある二つの目を持っている。『DEVILMAN crybaby』では不動明や牧村美樹と同じく陸上部に所属。物語途中で出会った青年、ククンと共にサバトに参加し、デビルマン化する。

プフール
人間体型の犬といった姿の女性デビルマン。聖書に詳しく、サタンに関する情報を明に伝えた。『永井豪ワールド 悪魔事典』によると犬らしく優れた嗅覚と持久力を備え、発達した犬歯での咬みつきで戦うとされている。作

デスプロー
頭部に節足動物の足を生やし、身体を甲殻で覆った青年デビルマン。

ボンズ・オブ・ヒンズー
デビルマンとなった僧侶の一団。厳しい戒律で精神を鍛えてきたため、デーモンの合体を受けた時、寺院にいたすべての僧がデビルマンとなった。強力なテレパシーを有しており、世界中の同志を集め「デビルマン軍団」をそろえようと名乗り出てくる。

 

デーモン

アモン
明と合体したデーモン。「地獄の野獣」「勇者」の異名を持つデーモン屈指の戦士だった。

イルーゲ
明と了に最初に襲い掛かったデーモン。人間の女性をベースに、腕に翼を、下腹部に爬虫類の頭部が付随している。爬虫類頭の口から超音波を発して明たちを足止めする。

テキスク
明と了に襲い掛かったデーモン。人間の女性をベースに、頭から4本、両肩・両腕から1本ずつ、胸部から2本、都合10本の蛸足を生やしている。また、下腹部には大きな単眼が付随している。3名の同胞と共に明と了を奇襲するが、2人が地下室に逃げ込んだため、追跡を断念する。

ウェルバス
了が地下室に招いた女性と合体したデーモン。左眼にあたる部分からの触手が特徴。デビルマン明が最初に倒すデーモンとなる。

シレーヌ
デビルマン明への最初の刺客。美女をベースに、頭に巨大かつ美しい羽根を、手足に強力なカギ爪を持つ。セイレーンがモチーフとなっているそう。部下たちを倒した明の隙をつき、捕縛する。そのまま大魔王ゼノンのもとに連行しようとするが、飛鳥了の横槍で失敗し、地上で明と死闘を繰り広げた末に重傷を負ってしまう。

ゲルマー
シレーヌの部下。節足動物の手足とナメクジのような下半身が特徴。水と同化する能力や、体内の水を飲んだ者の意識を乗っ取る能力を持つ。

アグウェル
シレーヌの部下。不定形で地面や壁に同化する能力を持つ。

カイム
シレーヌの救援に現れたデーモン。彼女の勝利のためにその身を捧げた。四足歩行型で、サイの身体をベースに、肩から強大な角を生やしている。

イーダー
人間社会に潜んでいるデーモン。額に一本角を、両肩部分に大きな眼を生やしている。人間の肉が好物で、たびたび人間を襲っていたが、隠蔽には気を配らなかった。そのため、飛鳥了に正体を見破られ、殺害される。

魔将軍ザン
ゼノン配下の百の魔将軍の1人。百の悪魔から成るザン魔団の将。胸に四つの眼と大きな口を持っているのが特徴。変身能力に秀でており、初登場時は糸に変身し、体内から蜘蛛の群れを操って明たちに挑戦した。膠着状態になるや、蜘蛛の体内から脱出し、デーモンの姿になって明たちを威圧した後に姿を消す。2度目は、部下に「デビルマン明を殺傷するな」というサタンの意志を伝えた。

ジンメン
ザンの部下で亀の姿をしたデーモン。人間を好んで食べ、喰った相手の顔と意識が甲羅に浮かび上がる。その特性を生かし、デビルマン明の親友であるサッちゃんの顔と意識を人質とする。「自分は人間達が牛や豚を食べるのと同じように人間を食っただけ」などとうそぶいたり、甲羅の人面を誤射したデビルマンに「おまえは人間を殺したんだ」と非難するなどして心理的な揺さぶりをかけた。

リィビィ
ザン魔団の一員と思われるデーモン。全身を木の葉で覆っている。多くの戦友を殺めたデビルマン明を激しく憎んでおり、「デビルマン明を殺すな」という上意を伝えに来た魔将軍ザンに抗弁する。「魔王ゼノンに逆らってでもデビルマンを殺す」とまで言い放つが、大魔神サタンの意思だと知らされ、やむなく承諾する。

メドック
小型のデーモンで、ソビエト連邦首相に寄生する。超大国首相の立場を悪用し、デーモン総攻撃に乗じて核戦争勃発を目論む。

マストゥフ
ソビエト連邦首相秘書の身体を乗っ取った双頭のデーモン。二人分の脳細胞を持つためか、知力に優れている。

ロスシード
牧村家を襲撃したデーモン。下半身に頭部があり、両肩の間には窪みが存在し、分身である蛇が待機している。牧村父とドス六、メリケン錠に迎撃される。

サイコジェニー
巨大な頭部を持ち強力な精神攻撃を行うデーモン。大魔神サタンの側近でもある。

悪魔王(大魔王)ゼノン
デーモン族を統率する魔王。力強い角と蹄を有している。4つの顔が特徴で、正面に角を生やした狼の顔、左肩に人間の美女の顔、右肩に角を生やした人間の男の顔、腹部に大きな耳を付けた獣の顔が、付随している。テレパシー能力を活用し、人類に宣戦布告を行う。

大魔神サタン
12枚の翼を持つ美しい姿の堕天使。かつて「神」の片腕として共に地球に飛来したが、神がデーモンを嫌悪し滅ぼそうとしたことに反発し、デーモンと共に神と戦った。神の力の前になすすべもなく滅亡しかかっていたデーモンにとっては救世主であり、デーモンが神とあがめる存在。男女の特性を併せ持つ両性生物である。人間の弱点を探るために、交通事故で死んだ飛鳥了になりすました。



その他の登場人物

サッちゃん
明が引っ越す前の隣家に住んでいた少女。明からは「親友」と呼ばれているが、彼女自身は「明お兄ちゃんの恋人」を自称している。明が喧嘩に強くなる(デビルマンになる)前から惚れており、その仲の良さには美樹も嫉妬するほどだった。帰りの新幹線を悪魔ジンメンに襲撃され、彼女もジンメンに捕食されてしまう。
ススムくん
健作(タレちゃん)の友だち。最近、母親から虐待を受けるようになり、家に帰りたがらなかったが、父親が帰ってくると聞いて帰宅する。しかし、待ち受けていたものは……。
雷沼教授
ノーベル生物学賞を受賞した教授。北海道の生物化学研究所にて、収容したデーモンやデビルマン、怪物化して死亡した人間の遺体を用いて、悪魔の正体について研究する。デーモンの合体能力を知らないことと、地球上の知的生物は人間のみだという先入観が災いし、悪魔の正体は、現代社会に不満を持ち体細胞を変化させた人間」だと誤って結論付けてしまう。同時に、政府に対し「現代社会に不満を持つ人間」をも対象にした新しい「悪魔対策」を要請。彼の研究発表により、人間による「人間狩り」を引き起こす。
サタンの「親たち」に当たる存在。作中には姿が登場しない。太古、サタンを含めた多数の天使を率いて地球に飛来し、生命を創造した。地球生物から派生したデーモンを失敗作として地球ごと滅ぼそうとしたが、サタンの反感を買い、地球から追い返される。

デビルマンのストーリー

なかなかハマってしまった、、、 #Netflix #DEVILMAN #crybaby #デビルマン

Kei Satoさん(@kei___1011)がシェアした投稿 –

不動明は居候先の牧村家の娘・美樹と仲良く学校に通っていたが、親友の飛鳥了から、他の生物との合体能力を持った地球の先住人類「デーモン(悪魔)」が二百万年の眠りから目覚めて復活し、地球を人類から奪い返そうとし、デーモンの研究をしていた了の父が、デーモンと合体して心を支配される前に自殺したことを知らされ、デーモンの超能力を取り入れてデーモンと戦わないかと話を持ちかけられる。しかし、デーモンの力を得るには、理性を捨て本能のみで動いている時に憑依させなければならず、かつ、デーモンの意思を正義の心で抑え込まなければならないという条件があった。そして、デーモンに襲われた恐怖で理性を失った明はデーモンの一人であるアモンに憑依され、悪魔の力と人間の心を持つデビルマンとなることに成功した。

デーモンたちは、デビルマンとなった明を倒すために次々と刺客を送ってくるが、明はそれらを倒していった。やがてデーモンは明だけでなく、人類すべてに宣戦布告し、総攻撃を仕掛けてきた。デーモンによる無差別合体という攻撃に人類がパニック状態となる中、明は単身でデーモンとの戦いに臨んだが、力尽き倒れてしまった。まさに殺されかけたその時、デーモンの神である大魔神サタンの「デビルマンを殺すな」という意思がデーモン達に伝えられ、明は解放された。

これにより一人の力では戦えないと悟った明は、無差別合体で死なずにデビルマン化した者たちを集めてデビルマン軍団を作ろうと考えた。しかし「悪魔の正体は現代生活に不満を持つ人間である」と科学者が発表したため、悪魔狩りという名目で、罪のない人々が政府により殺戮されていくことになった。一方で、自分の恐れた通りに事が進みすぎることに違和感を持った了は、事の発端を再確認するために自宅に戻ると、了の父がデーモンの研究をしていなかったこと、飛鳥了という人物が交通事故で死んでいたことを知る。衝撃の事実を知ったその時、家にデーモンの一人のサイコジェニーが現れ「お迎えに参りました」と告げられた。

数日後、デーモンがもう襲ってこないと思い始めていた人間の恐怖心を煽るため、了はテレビで、明がデーモンと合体した瞬間の映像を公開し「無数の悪魔が人間になりすましているので、殺せ」と人々に告げた。正体がばれてしまったことで、牧村家を出ざるを得なくなった明は裏切った了を問い詰めると、「明とデーモンを合体させたのは、人類を守るためでなく、次のデーモンの時代に共に生きたかったためだ」と答えたので、明は了が大魔神サタンであることを悟った。

悪魔特捜隊の拷問により牧村夫妻は殺され、美樹も町の住人たちに殺された。恋人までも奪われ人間に失望した明はデビルマン軍団を率いて、地上の覇権を賭け、サタン率いるデーモン軍団との決戦を決意した。サタンは自らの記憶を消し、人間になりきることにより人間の弱点を捉え、作戦を立案していた。ただひとつの誤算は両性のサタンが明を愛した結果、デーモンの敵となるデビルマンが誕生してしまったことだった。

気に入ったらシェアをお願いします!