楽天・星野仙一副会長が死去 死因は膵臓がん ドラフト会議時に異変も

その後、体調に波はあったものの仕事に支障をきたすことなく過ごしておりましたが、2017年12月末より病状が悪化し、息を引き取られました。

最期は昼寝でもしているような安らかな表情でご家族に看取られて旅立たれました。故人の強い意思に従い、葬儀は密葬にて執り行われます。

故人の意思とはいえ、大変お世話になった方々に対し、十分なご報告をせぬまま、この日を迎えてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

人前では常に強気を貫いた「星野仙一」のスタイルを最後まで全うしようとしたことですので、何卒ご容赦ください。

息を引き取る直前まで「コーチ会議に出られるかな」と言っておりましたように、最後の最後まで野球に情熱を燃やし、野球に一生を捧げた星野副会長でした。

故人に代わり、今まで支えてくださった全ての皆様に感謝申し上げます。

尚、後日にお別れの会を予定しております。詳細が決まりましたら改めてご連絡させていただきます。

誠に勝手ではございますが、供物、供花、弔電などはご遠慮させていただきますこと、ならびに、本件に関わる問合せ先は、株式会社楽天野球団としていただけますようあわせてお願い申し上げます。

 

ドラフト会議で見えた星野仙一の異変


昨年夏ころ、星野仙一は、肌荒れが目立ち、痩せ始めていたそうです。人一倍、身だしなみには気を使うタイプだったのにスーツも身体に合っていなかったのだとか。

10月26日にグランドプリンスホテル新高輪で行われたドラフト会議。開始直前、星野仙一と一緒に並んで楽天の控室から会場まで歩いた関係者によると、あるきながら会話をしていた星野仙一の左肩が何度もぶつかってきたそうです。

それも一度や二度ではなかったそう。足元がおぼついていないことは明らかで「大丈夫ですか?」と尋ねると「大丈夫だ。君は自分の体の心配をしていればいい」と言われたそうです。

この時から明らかに身体への異変は見え始めていたどうです。その人物が、最後に言葉をかわしたのは昨年暮れで、

「メリークリスマス?俺は仏教徒だからなぁ(笑い)。最近は元気じゃないよ。大阪のパーティー(12月1日、殿堂入りパーティー)が終わってからグダーっときてな。仕事をいっぱい入れたし、その反動かな。このままじゃ死んじゃうんじゃないかと。年明けも講演の仕事が入っているんだが、最近は1時間話すとゼーゼーだ。前はこんなことなかったんだけどな。立っているのがつらいんだ。座ってもいいんだけど、それじゃあ、みっともないし、迫力がないだろ。身ぶり手ぶり、アドリブでやるのが俺のやり方。人生もそうだけどな」

田淵幸一さんのこと、山本浩二さんのこと…。仲間の近況をあれこれ語ったそうです。

それからわずか10日前後で訃報の知らせ。信じがたくなるのも無理ないですね。

 

星野仙一の訃報受けた関係者のコメント

星野仙一の訃報に数々の関係者からコメントが寄せられています。

巨人長嶋茂雄終身名誉監督

「あまりにも突然の事で本当に残念でなりません。昨年11月に開かれた仙ちゃんの「野球殿堂入りを祝う会」で『これからも野球界のために力を貸して』とメッセージを送ったばかりです。『打倒巨人』を前面に闘志満々でぶつかってきた投手だったからこそ、私も負けずに『さあ仙ちゃん、来い』と心を燃やすことができ、対戦するのが本当に楽しみでした。監督としても多大な実績を残され、さらなるご活躍を期待していました。ご冥福をお祈りします」

ソフトバンクホークス王貞治球団会長

「闘志を全面に出した、あの攻撃的な投球は、勝負していてとてもやりがいのある投手でした。昨年、野球殿堂入りのパーティーでお会いしましたがこんなに急に亡くなられるとは、とにかく残念でなりません。謹んでご冥福をお祈りします」

巨人原辰徳球団特別顧問

「信じられないです。仏の顔と、勝負師の鬼の顔をいつも持ち合わせていた。メリハリの強さを尊敬していました。(昨年末の)殿堂入りをお祝いするパーティーで『よく来てくれた。感謝する』声をかけていただいたことが印象に残っています。2013年の日本シリーズでイーグルスと3勝3敗になって、決戦で。全力で戦いましたが我々が敗れ、胴上げを見ました。あれだけ全力で戦って、姿は見せられませんでしたが心の中で拍手を送っていました。(03年の退任時、甲子園で)『もう一度勉強して戻ってこい。くじけるな』と言っていただいた。その言葉にすべてが集約されていて、明日への活力になっていた」

ニューヨークヤンキース田中将大

「あまりに突然のことで信じられません。楽天イーグルスで日本一になり、星野監督を胴上げできたことは、僕の野球人生の大切な思い出です。メジャーでプレーすることを応援してくださいましたし、感謝の気持ちでいっぱいです。心よりご冥福をお祈りいたします」

元中日・立浪和義

「突然のことでびっくりしたんですけど、野球の厳しさ、勝負に対する厳しさ、野球に取りくむ姿勢、すべてを教わった。今、感謝している野球界の人はかなり多いと思う」

楽天・三木谷浩史

「星野仙一さんの早すぎる訃報に接し、深い悲しみにたえません。星野さんにはイーグルスを創設する前からいろいろと相談に乗っていただきました。監督就任を引き受けていただき、2013年に日本一を成し遂げ、そして常勝軍団への礎を築き上げていただき、本当に感謝の思いでいっぱいです。」

これらは一部ですがその他にも数え切れないほどのメッセージが寄せられています。

これだけでも星野仙一が皆に愛され、球界に貢献していたことが分かりますね。ご冥福をお祈りします。

気に入ったらシェアをお願いします!