櫻井翔が紅白リハで怪我は嘘?顔のむくみ真相!額や手に絆創膏も

このように整形・怪我・老化など様々な憶測を呼んでいる紅白歌合戦での嵐の櫻井翔の“顔問題”。

リハーサルで舞台から落ちた、ということで問題は解決しそうな方向に進んでいるが、そのリハを見ていた記者はそんなシーンはなかったと証言しているそうです。

櫻井翔がリハーサル怪我したと言う説が浮上したのか

整形をする必要がないことは、櫻井翔の顔を見れば言うまでもありませんよね。

「眼切開?」「整形?」などという声もありましたが、もちろんファンはそんな話信用しているわけがありません。

だからこそ怪我説が濃厚になってきたのです。

いつもと違う髪型の隙間から見えた絆創膏、や指にも絆創膏があったなど細かな点も指摘され、ジャニーズのファンの目を欺くことはできませんでした。

そのような要因もあり作られたストーリーが、

リハーサルでステージから転落し、顔面を強打。眼とおでこにも怪我を負った。その際、脚もひねり、嵐メドレーの際は引きずっていた

となったのです。

そして嵐、櫻井翔のファンたちはみな、痛みに耐えてよく頑張った!早く良くなって!と言うのでした。

リハーサルで櫻井翔が怪我したという事実はなかった

しかしリハ取材をした記者は、誰も櫻井翔の転落など見ていないそうです。

嵐は記者の前でリハを行ったそうで、転落し怪我をしたという事実がなかったことは多くの人が知っているとのこと。

つまり、リハーサルで怪我したという事実は、勝手に作られたでまかせだったようです。

むしろ顔のむくみは、リハーサル前日の囲み会見からあったのだとか。本番ほどの変化ではなかったが、首に深いシワがあり、こんなに太ってた?と驚いた記者は多かったそうです。

顔よりも櫻井翔の元気の無さが気になった記者

転落の事実はなく、リハーサル前から顔のむくみがあったのは事実だが、それよりも櫻井翔が元気がなく暗い感じがした、という記者もいるようです。

リハーサルでの櫻井翔はかなりやる気がなあったそう。

今回は二宮和也が白組司会と言うことで、嵐の他のメンバーもそれぞれ司会を手伝ってサポートしていたそうですが、櫻井翔だけは、逆にその和を乱していたとか

他のメンバーが、他の歌手と会話をしている時も、櫻井翔だけ全く会話がなかったそうです。

キャスターもやっていて、愛想もよさそうなイメージの櫻井翔なだけにその姿を見た記者の櫻井翔の印象はかなり悪かったそうですよ。

出場者全員で踊るリハもあったそうですが、そこでも櫻井翔はダラダラと面倒くさそうに手を軽く動かす程度の踊りしかしなかったそうです。

リハーサルの怪我ではないということは明らかになりましたが、そうだとしたら一体何が原因で、何の絆創膏だったのでしょうか。

それほど体調が悪いのだろうか?それともメンバー内での揉め事でもあって反抗的な態度を取っていたのでしょうか。。

謎は益々深まるばかりです。。

 

顔のむくみは忙しさが原因?櫻井翔の睡眠時間

翔くん かわいい❤️ . . #嵐 #arashi #櫻井翔 #sakuraisho #かわいい #女子 #vs嵐

櫻井翔くんfan🌸さん(@saku____sho)がシェアした投稿 –

SMAPが解散し、年末にはV6の岡田准一が宮崎あおいと結婚など、とにかく年末年始のジャニーズ陣は『嵐頼み』という状況が続いていたようです。

そのような状況もあり『紅白』は疲労のピークだったと思われます。

櫻井翔は個人の仕事も多いですので、嵐の中でも特に疲れがひどく、それが顔に出ていた可能性は高いです。

もともと「太っている」「最近むくんできた」「酒の飲み過ぎ」「タバコの吸い過ぎ」といった指摘もありますが、さらに超多忙ともなれば、顔に出ても仕方ありませんね。

しかも、櫻井翔の睡眠時間は12月に入ってから平均2時間程度しかなく、分刻みのスケジュールをこなしていたと言われています。

確かにこれだけの要因が重なるとあれだけの変化が出てしまったのも頷けますね。。。しかし絆創膏だけは何だったのか気になりますが。。

怪我じゃないとすると、疲労説が濃厚のようです。

気に入ったらシェアをお願いします!