がん闘病中のET-KINGいときんがステージ復帰!がん完治?余命は?

がん闘病中のET-KINGリーダーいときんがステージ復帰!

肺腺がんで闘病中の「ET-KING」リーダー、いときん(38)が、ツアーファイナルとなる今月28日の大阪公演で、ステージ復帰することが20日わかりました!

いときんは、今年8月に「ステージ4の肺腺がん」を公表しており、ライブ活動を休止して治療に専念していました。

いときん(ETKING)余命や生存率は?肺腺がんステージ4で脳転移

それら、おおよそ4カ月ぶりにステージへ戻ってくることとなります。

がんのニュースが出た時は、いきなりの事で驚き、心配しましたが、無事にステージ復帰でいることになってよかったですね!

事務所によると、現在もまだ自宅療養は続けているものの、いときんが参加する楽曲を含め、セットリストを作成しているところだそうです。

実は、今秋以降、自宅治療を受けながら、11月22日に配信された最新曲「こっちこい」や、来年4月25日リリース予定の最新アルバム「LIFE」などへのレコーディングには既に参加し、活動への意欲も復帰に向けて高めてきていたとのこと。

21日放送の読売テレビ「音力-ONCHIKA-」(21日深夜2時9分=関西ローカル)では、電話出演ではありますが久々の“メディア復帰”を果たします!

ET-KINGは、再来年で結成20周年となり、それに向けてそのカウントダウンとなる第1歩目の全国ツアー「えびす巡業~出稼ぎ篇から」を、今月14日の仙台公演からスタートしています。

すでに川崎公演を終え、22日に名古屋、24日には広島、25日に福岡、26日に鹿児島と回り、28日の大阪(Zeppなんば)で千秋楽を迎える予定です。

いときんはツアーの参加へも強い意欲を示していたものの、体調を考慮して、最終公演のみの出演を決めたそうです。

 

いときんのブログも徐々に再開!

8月のがん公表後は、治療などの忙しさなどもあり、ブログもストップしていましたが、11月21日には前向きな投稿がなされています!

今年の夏の始まる頃、仲間家族と共に癌宣告をうけ約5カ月が過ぎました。治療方、食事、生活習慣、価値観、思考、改善しなければならないことが沢山あります。治療法などをお伝えすることはできませんが、ご心配をおかけしている皆様へ現状を少しでもお伝えできたらと思います。いつも気持ちを支えてくれてサポートしてくれる家族と仲間に大きな感謝を。僕がいない中、ET-KINGのライブに足を運んでくださるファンの皆様に大きな感謝を。お手紙、千羽鶴、遠くからもお力を下さる皆様に大きな感謝を。本当にありがとうございます。

体調、特に気持ちの面においては一進一退を繰り返しながらではありますが、おかげさまで沢山の仲間の手を借りながら家族共々、次の日に向かえている状況です。どうかET-KING、株)BARIKI、所属アーティスト共々、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。年末に少しでも良い報告ができるよう流れを感じながら、気張らず過ごします。生きます🔥
いときん

この投稿からも病気の状態も本人のメンタル状態も良好になってきていることがわかりますね!

ステージでファンと会えるのが待ち遠しいと思います。

いときんは病気回復でステージ復帰するのか?


ET-KINGのリーダーいときんに肺腺がんが見つかった時、既にがんの進行は進んでおり「ステージ4」という状態でした。

ステージ4は、極めて生存率が低くなるレベルの状況です。また肺腺がんは、別の場所にも転移し、脳やリンパ節まで広がっているという報道でした。

そんな状況から、報道当時は、既に手遅れであり、余命も1ヶ月程度では。。。という悪い噂がネットに出ていました。

気に入ったらシェアをお願いします!