セカオワSaoriの初小説「ふたご」が直木賞候補作に!出産・受賞のW歓喜なるか!

セカオワSaoriの初小説「ふたご」が直木賞候補作に!

若者から圧倒的人気を集める4人組バンド、SEKAI NO OWARIのメンバー、ピアノ担当Saoriこと藤崎彩織(31)の初小説「ふたご」が、今年下半期の直木賞候補作に選ばれたことが発表されました!

音楽活動だけでなく、書籍でも結果を残すなんて凄いですね!歌手の作品が、候補作に入るのは極めて異例だそうです。

Saoriは現在妊娠中で、年明けに第1子出産予定でしたが、出産前に届いた吉報に非常に喜んでいるそうです。

現在候補がリストアップされましたが、受賞作の発表は来年1月16日だそうです。結果が楽しみですね!

 

直木賞候補作「ふたご」の内容とは

直木賞ノミネート作品 朝から嬉しいニュース😊 一気に読んでしまいましたが、また読もうかな #セカオワ #saori

ayaさん(@ayapan_shiba)がシェアした投稿 –

今回直木賞候補となった「ふたご」は、ピアノだけが友達だった女の子の夏子が、同じ中学の先輩・月島に翻弄されながらバンド活動という居場所を見つける青春物語になっています。

SEKAI NO OWARIで作詞も手掛けているSaoriが5年ほど前に、ボーカルのFukase(32)から文章を書くことがうまいから小説を書いてみたらと勧められたのが、執筆を始めたきっかけだそうです。

大人気バンドということもあり、当然多忙を極める音楽活動をしつつ、実体験も踏まえながら自宅で一人で原稿に向き合い続け、328ページにもなる「ふたご」を完成させました。

10月28日に発売されましたが、こちらも発売後すぐに重版が決定するほど大反響を呼び、累計10万部を発行している話題作となっていました。

このまま直木賞に選ばれれば、さらに多くの人の手に「ふたご」が取られることになり、もしかしたらドラマ化や映画化などもあり得るかもしれませんね!

それにしても、ライブやツアーまして、途中で子供まで授かった中で、黙々と執筆活動を続けたSaoriは凄いですね!

 

Saoriの他に執筆活動で話題となった芸能人

最近では、お笑いコンビ、ピースの又吉直樹(37)が「火花」で2015年に芥川賞を受賞したのは記憶に新しいですね!

2016年にはモデルの押切もえ(37)も、連作短編小説「永遠とは違う一日」で山本周五郎賞候補にまで残りました。押切もえは「心の言葉」も有名ですよね!

気に入ったらシェアをお願いします!