「情熱大陸」出演者の選定基準、密着期間と良い作品作りの秘訣とは

あの人気番組「情熱大陸」の出演者の選定基準、密着期間と秘訣について、プロデューサーが暴露しました!

今回はそのニュースについてまとめました!

 

人気番組「情熱大陸」の出演者の選定基準、密着期間と良い作品作りの秘訣に迫る!

“今、気になる”人物に密着する人気番組『情熱大陸』(MBS制作・TBS系列放送)は、長期に渡って密着・撮影し、コンサートや五輪の会場から実家や友人との食事現場まで入り込むカメラ…わずか30分の番組ではありますが、その労力は凄まじいものがあるように感じます。

ではそんな「情熱大陸」はどのようにして作られているのでしょうか。

今回2010年秋に、『情熱大陸』の5代目プロデューサーとなり、12月17日放送の20周年スペシャルでプロデューサーを卒業する毎日放送の福岡元啓さんがそんな疑問に回答してくれていましたのでまとめました。

 

多彩なジャンルで活躍する人々が登場する『情熱大陸』の人選方法は?

こちらについては、制作会社から毎日のようにメールやFAX、訪問で企画が集まってくるそうです!

中には、取材してほしいと本人からの売り込みもあるのだとか。芸能事務所だけでなく、一般人からも出演を希望する手紙が週に2~3通届くそうです。

その他にも、報道や営業など局内からの持ち込みなどもあり、すべてを合わせて年間1000本ほどになるとのこと。

さらに、出演者からの紹介というパターンもあり、さまざまなネットワークを通じて、「この人いいらしいよ」という各業界の情報が集まってくるので、自ら動いて探すというよりは、その中から選んでいくようなイメージのようです。

ちなみに12月10日に放送した音楽家の原摩利彦さんは、2012年に出演したアーティスト・清川あさみさんからの紹介で、「この人は注目した方がいい!」と推してくれていたそうです。

 

その膨大なリストから密着対象者を選ぶ基準は?

色々基準はるそうですが、最終的に突き詰めると、“直感”になるそうです。

視聴率がとれるか、相手の宣伝になるかなど、そういったお互いの損得勘定抜きで「撮りたい」と思える対象なのかが重要で、その勘を頼りにしているそうです。

2017年4月にテキスタイル・デザイナーの森本喜久男さんを取材していますが、どう生き、どう人生を締めくくるかというのが今後の情熱大陸の大きなテーマだと考えていた時に、ずっと前から森本さんに注目していたスタッフから“彼は本物だし、余命1年といわれている今こそ(取材すべきだ)”、と提案があったそうです。

森本さんはスポーツ選手のように広く知られた人物では決してありませんでしたが、放送後の反響はとても大きかったそうです。

話題になっている人物ということではなく、社会で提起されている問題を語れる人物、という選び方もポイントにしてるようです。

また福岡さんを上手く丸め込めば出演できるとなるとよくないですし、福岡さんだけが決定権を持っているわけではないので、候補者とはできるだけ会わないようにしているそうです。

この人を出してあげたいという情で出演者を決めることがないようにし、あくまで客観的指標を見失わず冷静に判断することを大切にしているとのことでした。

 

依頼をしてオファーを断られるケースはあるか?

実際は、依頼をしても半分くらいは断られるそうです。

そもそもタイミングが合わず実現しなかったり、本人が番組を好きでいてくれおり「自分は出演するレベルに達していない」と謙遜されることも多いのだとか。

つい先日も某大物女優さんが「何もしてない女優の私生活を見ても、全然面白くないだろうから」と言われて辞退されたそう。

ただすぐ諦めるわけではなく、断られてもオファーを続けることはよくあるそうです。

例えば、小田和正さんは数年越しの交渉が実って、「井上真央ちゃんが撮るならいいよ」と、2012年に出演してくださったそうです。

また、綾野剛さんの場合は、じっくり半年間ほど打ち合わせ時間をとって、こだわりを持ってスタートしたりもして、準備に時間をかけるケースも多いそうです。

そうした粘りが、「初密着」を撮る秘訣だそうです。

 

だいたいの密着期間はどのくらいかけるのか?

一番短かったのは、東日本大震災後1週間で放送した2011年放送の元TBSアナウンサー・小島慶子さんだそうです。

その他の特例では、同年放送の女子サッカー選手・澤穂希さんは過去の素材とW杯の凱旋インタビューを組んでたった1日で作ったそうです。

逆に最も長かったのは5年で、2016年に放送された漫画家の小山宙哉さんだそうです。

『宇宙兄弟』が社会現象になった数年前に企画自体は通していたそうですが、納得のいく素材が集まるまで粘りに粘って5年間という期間になったのだとか。

同じく2016年のトド猟師・俵静夫さんも、トドが捕れるまで1年寝かせたそうです。

それらも踏まえ平均的には、だいたい3か月程度の密着を行い、同時信仰で常時20企画ほどが動いているそうです。

 

密着中に出演者を怒らせることはあるか?

質問の仕方が悪かったり、相手の感情の起伏などでディレクターが謝罪することはよくあるそうです。

密着を通して、自分が見ている自分と人が見ている自分とのギャップを突きつけられることが結構多く、音楽プロデューサー・小林武史さん(2011年)はOAを見て、「ちょっと違うと思ったんだよなぁ」と最初は話していましたが、周囲の反応でその違和感にも納得されたそうです。

「自分が見せたくない部分を出される番組だ」と語っていた貴乃花親方も、密着を始める前にスタッフがカメラを持たないで部屋へ1週間泊まり込んで、信頼関係を築くことでいろいろ撮影に協力してくれたそうです。

2013年放送の少女時代は終盤で撮影が難航し、日韓問題が微妙な時期で取材の規制がかかりそうになり、ライブ中の楽屋で少女時代のスタッフと番組スタッフが1時間ほどにらみ合うようなこともあったそうですが、結局は時間で解決したそうです。

撮影までの、撮影が始まってからのプロセスを大事にして、相手に対する愛情を持ち、行動や姿勢で示すことで信頼関係が生まれるので、そういった信頼関係をいかに構築できるかが、「情熱大陸」を成立させているいちばんの秘訣になっているようです。

 

熱意と信頼関係できあがっているからこそ情熱大陸は面白い!

インタビューを聞いていると、本当に良いもの撮影していくには、様々なことが考えられているのだなと感じました。

わずか30分ですが、それを成立させるために何ヶ月も、あるいは何年もかけて一番いいものを放送する。

そういった熱意があるからこそ情熱大陸は面白く、視聴者に愛される番組だと感じました。

今後の放送も楽しみにして、撮影の裏側も少し想像してみながら見てみようと思います!

気に入ったらシェアをお願いします!