秋元康が韓国アイドルもプロデュース!アイドル選抜番組「PRODUCE48」!

秋元康が韓国アイドルをプロデュース

AKB48グループの創始者である秋元康が、ついに韓国アイドルのプロデュースにまで着手するというニュースが入ってきました!

現在の海外活動といえば、TPE48(台湾)、MNL48(フィリピン・マニラ)、BNK48(タイ・バンコク)、SNH48(中国・上海)、JKT48(インドネシア・ジャカルタ)といった5つの姉妹グループが活動しているが、今回ついに数々のアイドルグループを日本に送り出してきている韓国でもアイドルをプロデュースするとのことです。

 

「PRODUCE48」とは

韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」主催のアジア最大級の音楽授賞式「2017 MAMA in Japan」が11月29日、横浜アリーナで開催されました。

そこで発表されたのが、2018年の大型プロジェクト「PRODUCE48」です。

「PRODUCE48」って何と思っている方が大多数だと思いますが、実はこれはアイドルグループ名ではなく、TV番組名です。

今や日本を代表する国民的アイドルグループとなった「AKB48」のシステムと、「Mnet」で放送されている韓国の公開オーディション番組「PRODUCE101」のシステムをコラボさせた番組のことです。

 

「PRODUCE101」から誕生したアイドル

「PRODUCE101」という番組は、様々な事務所に所属している101人の練習生が参加し、生き残りをかけて競い合うサバイバルオーディション番組です。

視聴者投票で101人の参加者が、最終的に11人まで絞られ、2016年には韓国ガールズグループ「I.O.I(アイオーアイ)」が、2017年のシーズン2では韓国ボーイズグループ「Wanna One(ワナワン)」を誕生させ、韓国で社会現象を巻き起こし多くのスターを輩出している番組です。

また、オーディション合格者以外の参加者も番組を通して知名度が上がり、その後の活躍にもつながるほど人気の番組となっていたそうです。

ちなみに日本からも参加者が出ていて、シーズン1に有吉りさ、丹羽紫央里の2人が参加し、シーズン2には高田健太の1人が参加しています。

特に高田健太は番組出演中に一気に人気に火が付き、終了後韓国ボーイズグループ「JBJ」のメンバーとしてデビューを果たしています。

 

秋元康が韓国アイドルを手がけることとなったきっかけは?

きっかけは、『Mnet』のスタッフからの秋元康への猛烈なオファーだそうです。

アイドルプロデュースに関わる立場の人間として、きっと隣国の日本で革命的な方法でAKBを誕生させた秋元康は非常に気になる存在だったのでしょうね。

「PRODUCE48」を通じて、日本と韓国からメンバーを選抜した、グローバルなガールズグループが誕生することになりますね。間違いなく両国で注目されることになるでしょう。

日本の韓国は可愛らしい、韓国のアイドルは綺麗でスタイルが良いというのが勝手なイメージですが、それらが融合したらとてつもない人気がでそうですね!

11月29日の授賞式では、AKB48グループ総監督の横山由依(24)ら一部のメンバーが、「PRODUCE101」から誕生したガールズグループI.O.I出身メンバーらとコラボし、「PRODUCE101」シーズン1のテーマ曲「PICK ME」、AKB48の「ヘビーローテーション」「恋するフォーチュンクッキー」の3曲を披露して会場は大いに盛り上がりました。

 

「PRODUCE48」の放送が待ちきれない!

スタスタ やすす スタスタ #AKB48#高橋みなみ#卒コン#秋元康

yuya amaki (や・ω・ぎ)さん(@maiyanoshi47)がシェアした投稿 –

韓国アイドルは日本でもかなり人気がでていますよね!

そんな人気の韓国アイドルを排出している「PRODUCE101」と、日本で最も知名度があるといっても過言ではないAKB48グループを作った秋元康がタッグを組んで生み出されるアイドルグループなんて、人気が出ないほうがおかしいですよね。

とにかくどんな新しいアイドルグループが楽しみでなりません!来年の放送を心待ちにしたいと思います。

気に入ったらシェアをお願いします!