2017今期注目のドラマのネタバレしちゃいます!

今期注目のドラマをピックアップ

今秋も話題のドラマが続々と始まっていますね。今回はその中の一つである「コウノドリ」に注目してみたいと思います。このドラマは2015年に一度放送されて、産科医療をリアルに描いていて大きな話題を呼びましたね。毎回泣いてしまう人が続出で、命を授かる奇跡を感じることが出来る内容でした。そしてまた今秋のドラマで帰ってきました。一体どんな内容なのでしょうか。まだ観ていない方のために少し内容をお伝えしたいと思います。

ドラマの第1話を見逃した人へあらすじ紹介

前作から2年後、産婦人科医の鴻鳥サクラ(綾野剛)はペルソナを離れて恩師である萩島勝秀(佐々木蔵之介)がいる病院で島のドクターとして活躍しているようです。そこから物語が始まり、ペルソナ病院でも研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いています。
物語の冒頭では島の小学校教師は妊娠中で異変がおき、病院に搬送されるも高リスクの妊婦が続き緊迫した様子で、島の病院では出来ることが限られるため本土の病院へ搬送されるがさらに未受診妊婦が切羽詰った状態でやってくるなど、大変な状態の中、全ての命を救う究極の選択とは!?2年間の間、サクラに何があって離島の病院にやってきたのか?
というのが離島編でのあらすじとなっています。
後半ではペルソナ総合病院へ移っていきます。そこで耳が聞こえない妊婦さんなどが登場します。志田未来さん演じる生まれつきろうあ者の妊婦早見マナは、ペルソナ総合医療センターで働くサクラの元に診察に訪れる。マナと一緒で、耳が聞こえない夫、建治と共に支えあいながら生活しています。しかし、妊娠がわかったとき本当に子供を育てることが出来るのかマナの両親に心配され不安を抱えています。主治医であるサクラの話す医療用語は手話や唇の動きだけでは伝えるのが難しく、そのためラン労医師のサクラや助産師の小松とホワイトボードを使い筆談でコミュニケーションをとるのですが、病院でもこのようなケースは今までになく苦戦する様子が
見られます。果たして、無事に赤ちゃんを産むことができるのでしょうか。産んだ後も夫婦二人で協力して育てていくことができるのか。一話からかなり大変な事態の妊婦さんが登場してきますよ。

 

先が気になる人へ!ネタバレ

ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)の元へ訪れる。
我が子を愛せていないのではないか不安になる蓮は、その理由の一つが帝王切開で生んだことにあると考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい気持ちを高めていく。 蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、緊急事態を巻き起こしかねないトーラックはリスクが高すぎると考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。一方、産科医にはなりたくないと言っていた研修医の吾郎(宮沢氷魚)はそんな蓮の出産に向き合うことにより、自分の中で何かが変わるのを感じていく。こちらが次回放送の第四話のあらすじです。今度はどんなお母さんと赤ちゃんが登場するのか楽しみですね。

 

最終回はどうなってしまうの?

今回のコウノドリのテーマは「生まれること、そして生きること」
命が生まれるという奇跡とはその命を育て生きることとは、、生まれてきた全ての人へ捧ぐ愛おしい命の物語。
生まれてきたことの意味、命を授かる奇跡というテーマで、出産だけでなく、出産後の未来について重点的に描写されていくのではないでしょうか。さまざまな問題を抱えた妊婦さんが出産後、育児をしていく中で新たな問題に立ち向かいながら子育てに奮闘していく出産のその後について描かれていくそうですね。

最後に

いかがでしたか?前作も感動を呼んだコウノドリは今作も現代の子育て問題などにも立ち向かいながら奮闘していく様子が描かれていて、自分と照らし合わせてみたり、家族と照らし合わせてみたりと他人事ではないからこそ感動を呼ぶ作品になっていると思いますので、是非ごらんになってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です