スラムダンク桜木花道の相方・水戸洋平がかっこよすぎる

スラムダンクといえば、主人公桜木花道、エース流川楓、炎の男三井寿などが、特にファンから人気のあるキャラクターだが、私が大好きなのは「水戸洋平」。見た目も言動もとにかくかっこいい桜木軍団NO.2の男、水戸洋平について調べてみた。

水戸洋平のプロフィール

名前:水戸洋平(みとようへい)

あだ名:ようへい

出身中学:和光中

身長:不明

体重:不明

誕生日:不明

アニメ声優:森川 智之

ほとんど細かい情報はでていませんね。漫画中でいいポジションにはいますが、バスケをするわけでもないので身長や体重などの情報は必要ないですもんね笑 和光中出身の5人組で結成された「桜木軍団」ではNo.2のような立ち位置で、他のメンバーと比較しても賢そうなイメージもあります。友達思いで、容姿端麗でかっこよく、喧嘩も強い、まさにヤンキーに憧れられる男といった存在です。

 

水戸洋平のかっこいい名言集

まずは、一気に水戸洋平が好きになるかっこいい名言集を紹介。

「ザコはどいてろよ」

三年の堀田徳男とその連れがクラス乗り込んできた際に放ったセリフ。ザコに用はないという自分の力を信じきったかつ、先輩にも物怖じしない物言いがかっこいいですよね。その直後には「頭数揃えといたほうがいいっすよ」とかっこいい挑発も。

 

「正義の味方参上!」

三井とその仲間がバスケ部を襲撃しに体育館にきて暴れまわっている最中でのセリフ。まわりのバスケ部がやられ始め、花道もピンチとなった時にちゃんと現れる桜木軍団。登場するタイミング、セリフともに抜群でした。

 

「口ゲンカしにきたのか?オシャベリ君。来いよ」

かっこいいですよね~。喋りに来たんじゃなくて殴り合いに来たんだぞと言わんばかりのセリフ。これも同じく三井襲撃事件でのセリフです。

 

「相手がいねーんだわ。あんた相手してくれよ。」

自分は戦わずに、他のやつを戦わせようとした三井に向けていった一言。余裕のある感じがたまらなくかっこいいですね。

 

「殺されなきゃわからねーのか」

この鬼気迫る怖いセリフも三井襲撃事件で、ボロボロになっても牙をむく三井に向けて放ったセリフです。普段温厚な水戸洋平も怒ると一気に怖さが増します。

 

「謹慎軍団参上!」

正義の味方参上!からの謹慎軍団参上。笑

バスケ部をかばって、自ら三井襲撃事件の主犯として罪を被り、謹慎となっていた時に晴子と街で合った時の一言。謹慎中でも明るく楽しそうなのがなんかいいですね。そのまま晴子と分かれて、4人はパチンコに向いました。笑

 

 

水戸洋平の賢さが伝わるセリフやシーン

冒頭でも述べましたが、水戸洋平は桜木軍団の中で唯一賢さを感じさせる人物です。そんな賢さを感じさせるセリフを紹介します。

 

「赤はとまれだ」

街で絡んできた不良が桜木に蹴り上げられた直後に言ったセリフ。桜木の赤髪を信号に例えて言うあたり、おしゃれで頭の回転の速さを感じますね。

 

「やっちまいました、バスケ部も。三井くんも。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です