市川猿之助 開放骨折で代役は!?治療法や復帰時期は!?

なんと驚いたことに、市川猿之助さんが、「スーパー歌舞伎」で開放骨折をされました。

代役は一体誰になるのでしょう?

そして、開放骨折の治療法、そして猿之助さんの復帰時期はいつになるのでしょうか?

市川猿之助 開放骨折で代役は!?

骨折をした市川猿之助さんの代わりに、主人公ルフィ役を演じることになったのは、尾上右近(25)さんです。

 

尾上さんは、本公演と並行して上演されている、若手を中心にした特別マチネ公演「麦藁の挑戦」でルフィとハンコックの役をされています。

そして、なんと鶴田浩二さんのお孫さんです。

 

「とにかくみんなで乗り越えます。どうぞよろしくお願いします。頑張ります」

引用:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171010-OHT1T50124.html

 

と意気込みを報道陣に言われたのち、会場入りされたそうです。

 

ここで、尾上右近さんのプロフィールを簡単にまとめたいと思います。

平成4年5月28日生まれ。

清元宗家七代目 清元延寿太夫の次男。

 

曽祖父は、六代目尾上菊五郎。

母方の祖父は、俳優 鶴田浩二。

 

6歳で歌舞伎座『舞鶴雪月花』の松虫で、本名の岡村研佑で初舞台に立つ。

そして、今まで様々な舞台で活躍してこられました。

 

でも、どうして今回、こんな大役に抜擢されたのでしょう?

それは、昨年、大阪公演前の稽古で、猿之助さんがご自身の役を客観的に見るために、右近さんが部分的に「代役」を務めており、これがきっかけになっているそうです。

 

代役に決まった時のコメントとして、右近さんは、

 「猿之助さんは僕とは比べものにならないくらい歌舞伎の古典を熟知されています。そして、その応用でルフィも演じておられる。自分にはまだその引き出しはなく、足元にも及ばない。でもルフィと年齢が近い。それを支えに役に一心にぶつかっていきたい」

引用:http://www.hochi.co.jp/entertainment/column/20171010-OHT1T50102.html

 

と意気込みを語られています。

 

千秋楽のその日まで、自分を信じて、舞台に立ってもらえたらと思います。

応援しています!!!

 

開放骨折の治療法や復帰時期は!?

猿之助さんは、左腕を開放骨折されたということですが、「開放骨折」とはどんな骨折なのでしょう?

 

簡単に言うと、単に折れたのではなく、とても激しい骨折で、体の外部に骨が飛び出してしまっている状態の骨折のことを言います。

骨の損傷が激しいばかりでなく、体の中に残っている骨が、皮膚の中で筋肉繊維や腱・血管などを傷つけてしまうこともあるため、手術での治療が必要です。

 

そして、うまく手術が成功しても、骨を融合させるのに時間がかかり、さらにリハビリを行っても、後遺症などが残ってしまうこともある重い外傷です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です