大久保佳代子 甲状腺腫瘍の症状や原因は!?治療方法や生存率&完治は!?

なんと、大久保佳代子さんに甲状腺腫瘍が見つかりました。

しかも、番組内での発見だったようです。

今回は、甲状腺腫瘍の症状や原因そして治療法や生存率、完治はするのかを調べてみたいと思います。

大久保佳代子 甲状腺腫瘍の症状や原因は!?

2017年10月9日、TBS系「名医のTHE太鼓判芸能人に余命宣告SP」(後7・00)に出演された大久保佳代子さんに、甲状腺腫瘍が見つかったと、番組内で通告がありました。

 

大久保さんは、首のエコー検査を受け、その結果、甲状腺に腫瘍が見つかったそうです。

 

番組に出ておられたお医者様からは、

「精密検査をしないと分かりません」

「中には進行するがんもあります。しっかりと専門医に検査を」

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13725181/

 

と、一刻も早い精密検査をすすめられたそうです。

さらに、別のお医者様は、

「今の状態で悪性とも良性とも言えない。明らかな良性だと真っ黒に映る。ちょっと白いところがあるので早めに医療機関に行って精密検査をしたほうがいい」

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13725181/

 

と言われたそうです。

良性なら真っ黒に映るんですね!

初めて知りました。

 

今のところ、まだ悪性か良性か不明なんて、大久保さんかなり怖いと思います。

 

では、「甲状腺腫瘍」とは一体どんな病気なのでしょう?

甲状腺は、首の前、のどぼとけのすぐ下にあり、蝶が羽を広げたような形をしており、ちょうど期間を抱き込むように存在している臓器です。

 

甲状腺からは、体の新陳代謝を活発にしたり、体調を整えるためにとても重要な「甲状腺ホルモン」が分泌されています。

その甲状腺には、さまざまなしこりができることがあります。

 

そのしこりの中には、良性もあれば悪性もあります。

もし、悪性の場合は、早期診断・早期治療がとても大切になってきます。

 

「悪性=ガン」なのですが、痛みや自覚症状を伴うものはほとんどなく、触ってもわかりにくいため、精密検査が必要になります。

 

残念ながら、甲状腺腫瘍の原因はまだ解明されていません。

しかし、甲状腺のホルモンが関係し、起きる病気ではないかと考えられています。

その理由として、甲状腺腫を発症するのは、圧倒的に女性が多いため、ホルモンバランスの乱れが影響し、甲状腺腫を引き起こしているのではないかと言われています。

 

また、一部では、ヨウ素の過剰摂取により、甲状腺腫の原因になる可能性も指摘されています。

サプリメントなどで、毎日のように要素をとり続けている場合、慢性的なヨウ素過剰摂取の状態が続き、それが原因で甲状腺ホルモン生成に異常をきたし、様々な病気に結び付く場合もあります。

 

ヨウ素は甲状腺を正常に働かせるためにはとても大切な成分です。

一日に必要な適量を守り、正しく摂取することが、甲状腺腫予防の一助になることは間違いないと思われます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です