スズメバチの天敵はオニヤンマorハチクマorカマキリ!?巣の場所や作る時期&見つけ方は!?

今回は、スズメバチの天敵はオニヤンマ・ハチクマ・カマキリなのかということについて書いてみたいと思います。

そして、スズメバチが巣をつくる場所や作る時期、そして見つけ方にも触れてみたいと思います。

スズメバチの天敵はオニヤンマorハチクマorカマキリ!?

スズメバチ、とても怖いですね。

 

最近、よくニュースなどでも耳にします。

そこで、スズメバチの天敵はいるのか?

について書いてみたいと思います。

 

一般的に、天敵といわれている昆虫に、オニヤンマ・カマキリがあげられます。

そして、鳥としては、ハチクマがあげられます。

 

それでは、それぞれ見ていきたいと思います。

 

オニヤンマ

最大のトンボです。

ヤゴの期間が長いのが特徴で、なんと2~5年過ごします。

 

オニヤンマは、一般的に全長90㎜~110㎜と言われています。

大カマキリ(約105㎜)、カブトムシ(約85㎜)なので、同程度かそれ以上の大きさがあります。

 

オニヤンマの飛行速度は時速70㎞もあり、4枚ある羽を別々にうごかして、自由自在に飛び回ります。

そして、肉食で、顎が特に発達し、ハエやセミ、大型のアブを食べています。

 

普通のスズメバチは捕まえられるようなのですが、オオスズメバチになると、互角の戦いになるようです。

オニヤンマがオオスズメバチを食べている記録もありますし、その逆もあるようなので、オオスズメバチに関しては百発百中とはいかないようです。

いずれにしても、日本最強の昆虫バトルと言っても過言ではありません。

 

カマキリ

カマキリは身近な昆虫で、とても器用です。

草原なら緑色、山林なら茶色の保護色により、周囲の風景と同化し、常に潜んで相手が射程圏内に入ったら、二本の鎌を使って、ひそかに暗殺を実行します。

 

昆虫だけを狙って捕食しているイメージがありますが、実は小型の哺乳類(ネズミなど)や爬虫類(ヘビなど)も食べることもあります。

不意を突かれた相手は、大きな鎌で体を固定され、捕食されてしまします。

 

剛腕ハンターですね!!!

 

それでは、スズメバチには対抗できるのでしょうか?

もちろんです!

先制攻撃さえうまくいけば。。。

 

難点は、先制攻撃に失敗したときなのです。。。

失敗してしまうと、反撃を食らって、あっけなくやられてしまいます。

 

つまり、初めの攻撃テクニックのカマキリとパワーのスズメバチ、どちらが勝つかは、運しだいというところです。

そういえば、「みなしごハッチ」のカマキチおじさんも、ハッチを助けるためにスズメバチと戦って、命を落としてしまいました。。。

 

ハチクマ

主食は蜂。

しかも、特にクロスズメバチが大好物!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です