北朝鮮 ICBMミサイル発射!?威力や破壊&核弾頭とは!?

また、北朝鮮がミサイルを移動させているようだという報道がありました。

一体今度はいつICBMと思われるミサイルを発射するつもりなのでしょうか?

ICBMの威力や破壊力そして核弾頭とは一体何なんでしょうか?

北朝鮮 ICBMミサイル発射!?

2017年9月30日、北朝鮮がミサイル発射の準備をしている動きがあるということが報じられました。

 

それによると、平壌の近くの兵器工場から複数のミサイルが運ばれたというのです。

そして、このミサイルは、10月10日もしくは18日開幕の中国共産党大会などにあわせて大陸間弾道ミサイル(ICBM)をまたもや日本を飛び越えて太平洋に落とそうと思っているようです。

 

でも、どうしてこんなにミサイルを次から次へと作れるのでしょう?

ネット技術の専門家は、その答えについて、

「米国ネットセキュリティ大手ファイア・アイ社の調査レポートが、そのヒントになるかもしれませんね」

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13690922/

 

と言っておられます。

そして、9月11日に公開されたことは、

「なぜ、そんなに北朝鮮はビットコインに興味があるのか」

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13690922/

 

についての報告書です。

 

その内容に、衝撃的なことが書いてありました。

というのも、

「だから、ハッキングで盗んでもアシがつかない。実際、組織犯罪の世界や、政府が信用できない国での流通が多いのもビットコインの実態なんですよ」

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13690922/

 

どうやら、主に狙われたのは、韓国のビットコイン取引所とのことです。

そのうちの「YAPIZON」では、今年4月にビットコイン3800枚(約16億円相当)がハッキングにより奪われるという事件がありました。

そして、北朝鮮が行ったという痕跡がウイルスソフトという形であちらこちらに残っていたのです。

 

「知り合いを装った“フィッシングメール”を取引所関係者に送ったりもしていますが、これは外国人が書くと、どこか文章が不自然でばれるもの。でも、韓国ならば同文化、同言語だし、各種の工作でノウハウの蓄積もたっぷりある。韓国を狙ったのは合理的ですね」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です