南海トラフ予知予想新情報見直し!内容や可能性&理由とは!?

いつ起こってもおかしくないと言われている、「南海トラフ巨大地震」。

今回は、そんな南海トラフの予知方法の見直しについて、内容や可能性、そして見直さなければいけなかった理由について書いてみたいと思います。

南海トラフ予知予想新情報見直し!

南海トラフ巨大地震の防災対応で、今までの「東海地震方式」を約40年ぶりに見直し、もし異常な現象が観測されたら、住民に対してどのようにして情報を発信していけばよいかの方法について、検討を始めました。

 

「確度の高い予測は困難」

引用:https://mainichi.jp/articles/20170825/k00/00e/040/271000c

 

としていますが、巨大地震につながりそうな地殻変動や前震などの異常現象を観測した場合、いち早く住民の避難を促せる対策や仕組みづくりを国に求めました。

政府は、実際に地震被害が及ぶと思われる地域を複数ピックアップし、「モデル地区」として非難呼びかけの手順や課題を洗い出し、それを検証する対策に乗り出しました。

 

「モデル地区」として選ばれたのは、静岡県・高知県そして中部経済界です。

 

でも、実際問題、どこまで予測できるのでしょう?

それが肝心なのですが。。。

 

今のところ、南海トラフ地震は、今後30年以内に発生する確率は70%程度とされています。

そして、南海トラフ巨大地震の想定震源域はとてつもなく広いです。

 

大規模地震の発生が懸念されるケースとして、4つ挙げられています。

 

1.南海トラフ巨大地震の震源域の東側での大規模地震の発生

2.南海トラフ巨大地震の震源域でマグニチュード7クラスの地震の発生

3.地震回数が減少するなどの変化を観測した場合

4.東海地震の前兆とされている「プレートのすべり」を観測したとき

 

【1&2】

連続して地震が起きる確率が高く、住民の事前避難の検討が必要。

 

【3】

事前の対策は不可能。

大規模地震の発生につながるものかの判断ができない。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です