セクシー女優ANRIこと坂口杏里のこれまでの人生と現在の生活とは

ストレス

坂口良子の娘として、芸能人となりTV出演をし、として活躍、芸人バイきんぐの小峠英二との交際でさらに注目を集めた後、紆余曲折をあり、セクシー女優として一躍時の人となった坂口杏里。彼女について詳しく調べてみました。

坂口杏里の身長や体重などプロフィールは?

名前:坂口杏里(さかぐち あんり)

家族構成:母、父、兄

母:坂口良子(さかぐち りょうこ)

実父:田山恒彦(たやま つねひこ)

継父:尾崎健夫(おざき たてお)

兄:坂口直彦(さかぐち なおひこ)

※継父とは、実父や養父でない、母の夫のこと。

出身地;東京都

身長:168cm

体重:43kg

血液型:B型

スリーサイズ:B80-W59-H88(推定Cカップ)

足のサイズ:24.5cm

誕生日:1991年3月3日(26歳)

星座:魚座

好きなもの:ショートケーキ、プロレス

※特に兵庫を中心に活動している「DRAGON GATE」という団体が好きらしい

スポーツ:バレーボール

出身幼稚園:松濤幼稚園(渋谷区松濤 ※2010年に閉園)

出身小学校:成城学園初等学校

出身中学校:成城学園中学校

出身高校:堀越学園(トレイトコース 偏差値37)

女優坂口良子の長女として、東京に生まれ、高級住宅街と呼ばれる渋谷区松濤にあった松濤幼稚園に通い、私立成城学園初等学校、成城学園中学校に進学した後、成城学園高校、成城大学と進まず、母親と同じく芸能人多数排出で有名な堀越学園を卒業しています。その理由は、坂口杏里が芸能界に興味があったため、または自他ともに認めるほどの勉強嫌いだったことが理由ではと思われます。出演したバラエティー番組でも、小学生の時にオール1を取ったことを暴露しましたが、その成績では仮に成城高校に進学したとしても、成城大学への進学は難しかったかもしれませんね。ちなみに、兄の坂口直彦さんは、慶應義塾大学医学部出身のエリートで、現在は医師として働いていると噂されています。

1986年に坂口良子と実父の田山恒彦(元不動産会社社長)と結婚したが、8年の結婚生活を経て1994年に離婚。バブルの崩壊に伴い、夫の不動産会社が経営破綻。坂口良子は無断で連帯保証人にされ、結婚前の資産はもちろん、多額の負債を負うことになったが、借金を返すために仕事中心の生活を過ごし、自分が負った負債はほぼ完済したと『女性自身』の取材で打ち明けています。その後、1998年(平成10年)に知人の紹介でプロゴルファーの尾崎健夫と出会い、約15年の事実婚の後、2012年(平成24年)に戸籍上も入籍しています。

坂口杏里の幼少期は?

新しい父として、尾崎健夫が家族に加わった時、坂口杏里はまだ7歳でした。まだ幼かった娘は、母親の気持ちを理解できず、家に来た尾崎健夫に「嫌いだ!」と叫びながらゴミ箱を投げつけていたというエピソードもあります。そんな時、一般的には、娘の態度叱るのが母親の責務ですが、母としてよりも仕事や女として生きる人生を優先してしまったという負い目から、坂口良子は厳しく注意する事ができず毎日頭を抱えていたそうです。しかし、そんな環境ながらも尾崎健夫は辛抱強く、粘り強く、坂口杏里とコミュニケーションを取り続け、一方で坂口杏里も年齢を重ね気持ちを理解できるようになり、尾崎健夫を父親として受け入れるようになったのです。

スポンサーリンク

ストレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です