格安スマホはなぜ安い?クレジットなしでもデビットカードで支払いOKなSIMまとめ!

どうも、Answerです!

今回は、便利度はやや落ちるものの、うまく使えばコストを大幅に抑えられる格安スマホ、とりわけ格安SIMについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

まずは格安スマホについてザックリと

まず大事な点としては、

「格安スマホ」というものが製造・販売されているわけではない

ということですね。

携帯電話で通話や通信を行う場合には、携帯電話の端末に挿入する「SIMカード」が必要です。日本では、このSIMカードは「キャリア(通信会社、ドコモ、au、ソフトバンクなど)が利用者に貸し出す」というシステムが取られてまして、それぞれのSIMはそれぞれの利用者が受けているサービス内容と対応関係にあります。

そして、SIMカードを違う端末に挿入すると、その端末で同じサービスで通信ができるようになります。これがSIMカード最大の特徴です。

スマートフォンを使う場合もまったく同様で、「端末」と「SIMカード」の組み合わせで通信ができるようになります。端末にはいろいろな種類がありますし、各キャリアのサービスにもいろいろなものがあります。

ここまでお読みになって気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、「格安スマホ」と呼ばれているものは、

比較的安いスマートフォン端末+格安の通信サービスを提供するSIMカード

の組み合わせのことなのです。

格安スマホが安い理由

まず、ドコモ、au、ソフトバンク、Yモバイルの大手4キャリアと、格安SIMを提供する通信会社の料金をザックリ比較してみましょう。

月の通信量が最大7GB、通話料は話せば話すほど高くなるプラン

を想定すると、ドコモ、au、ソフトバンクは約7,500円+通話料。Yモバイルはこれより約1,000円程度安いですが、劇的に安いというほどではありません。

これに対して格安通信会社はというと、会社によって若干上下幅はありますが、約3,500円+通話料となります。

スポンサーリンク

大手と格安通信会社とでは倍くらい料金が違いますが、格安通信会社は、なぜこれだけ安いサービスを提供することができるんでしょうか?

結論を先に書くと、それは、

格安通信会社が「仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator、以下MVNO)」だから

となります。MVNOっていったい何なんでしょう?MVNOだとなぜ安くできるんでしょう?

MVNOは、サービスは独自のものを提供しますが、回線は大手のものを「間借り」する事業者を指します。通信設備に投資する必要がないので、その分安くサービスを提供できるんですね。

デビットカードで支払いできるSIMたち

普通、格安SIMを手に入れるには、クレジットカードで決済することになると思いますが、

  • クレジットカードを持っていない
  • クレジットカードを使いたくない
  • クレジットカードの審査に通らない

という人には、この方法は使えません。その代わりに、デビットカードで決済することになります。

デビットカードは、預金残高以上の決済はできませんが、審査はないので簡単に持てます。

現時点で、デビットカードでSIMを入手できる事業者は、

  • DTI SIM
  • OCN モバイル ONE
  • IIJmio(みおふぉん)
  • UQ mobile(UQモバイル)
  • DMM mobile(DMMモバイル)
  • mineo(マイネオ)
  • 楽天モバイル

などとなっています。

ただ、デビットカードでの契約はどんどん厳しくなっていっていますから、決断は早い方がいいということと、突然デビット不可になる場合に備え、公式サイトで契約を行うことが重要です。

まとめ

格安スマホの料金プランにはいろいろなものがありますが、自分の使い方にあったものを選ぶことが大事です。また、通話やキャリアメールを多用する人は、かえって高くつくので格安スマホは向いていません。

その辺が大丈夫なら、格安スマホで通信費削減というのもプランとして考えてよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
いいねよろしくお願いします!
格安スマホはなぜ安い?クレジットなしでもデビットカードで支払いOKなSIMまとめ!
この記事をお届けした
Answer Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする