中国版ポケモンGOで新種続々!?妖怪を捕まえる山海経GO面白すぎ!みんなの反応!

どうも、Answerです!

『ポケモンGO』がとうとう中国にも上陸!でもこれ、『ポケモンGO』っぽいけど違うなあ…。

今回は、そんな中国で生まれた「パチモンGO」こと『山海経GO』について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『山海経GO』って何?

中国では軍事機密を守るという観点から、現状『ポケモンGO』のサービスは提供できないということがわかっています。

なので、『ポケモンGO』需要に対してはそこの問題を完全にクリアした、「『ポケモンGO』ではないけど『ポケモンGO』っぽいもの」でクリアするしかなく、実際そんなアプリがもういくつか出回っています。

 

中でも今回書く『山海経GO』は、よく知られているものの一つ。中国の伝説が多く書かれている地理書『山海経(せんがいきょう)』の世界をベースに、AR技術を駆使して行うゲームです。

「山海経GO』では、『ポケモンGO』のポケモンの代わりに妖怪を探し、集めていきます。と書くと、なんか『妖怪ウォッチ』のにおいもしてきますね。妖怪の捕獲に使われるのは、『西遊記』の孫悟空の頭についていることで知られる「緊箍児(きんこじ)」という輪っか。

 

ゲットできる妖怪たちについては、この次に書いていきます。

 

『山海経GO』でゲットできるのは?

「山海経GO』は『山海経』の世界をゲーム化したものなので、実は登場する妖怪たちは日本人にもよく知られています。いくつかあげてみましょう。

 

女禍

名前だけ書くと「誰?」という気もしますが、泥と縄で人類を創造したといわれる、頭が人間、体が蛇の女神です。

20160807121751
スポンサーリンク

 

西王母

『山海経』では、すべての女仙たちを統率する聖母として書かれている女神です。

画像はまだ見つかりません。

 

形天

この妖怪には首がありません。

首を失ってもなお、乳首を目に、ヘソを口に変えて戦ったという英雄です。

sannkei

九尾狐

『妖怪ウォッチ』にすら登場する、超メジャーな妖怪。

この妖怪も『山海経』には登場するのです。

 

『ポケモンGO』のようなフィールドで、これらの妖怪を捕獲できるなんて、意外にワクワクしてきますね…。

 

『山海経GO』って面白い?

この『山海経GO』についての各地の反応。

 

クッソ笑った!!

 

ポケモンGO最強のライバルだ(笑)

 

さすが中国(笑)

 

不気味だけど……妙な魅力がある

 

ただ一つ、とても大きな難点があります。

AppStore、GooglePlay 、Weiboのいずれにもダウンロードのリンクがない

ということです。つまり、ネットに広まっている画像は『ポケモンGO』の画面を使った「コラージュ」なのではないか、という疑惑も否定できません。

 

まとめ

それにしても中国、対応早かったですねえ。

間違いなくゲーム自体は「パクリ」なので、これについてはほめられたものではないのですが、そこに甘んじるしかないという中国のお国柄も垣間見え、なかなか考えさせられます。

 

願わくば、このゲームのプレイ動画を見たいところですね。それともやっぱりただのコラなんでしょうかね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です