真木よう子謝罪!理由はコミケ炎上!?

「セシルのもくろみ」でまたもや話題になった、真木よう子さん。

今回は、そんな真木よう子さんの謝罪はコミケ炎上が原因?

他にも理由があるのかどうかについても書いてみたいと思います。

真木よう子謝罪!

なんと、真木よう子さんが、「一連の騒動」に対しての謝罪文を、所属事務所を通して発表しました。

どなたのせいでもなく、私自身の軽率さと、馬鹿さが原因だと猛省しております。

よくよく自分を見つめ直し、反省し、出直したく改めてお詫び申し上げます。

今後は、原点に戻り、精進していく覚悟でございます。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13549243/

 

これを受けて、真木さんが「コミケ」の参加を表明し、資金を募集するクラウドファンディングを利用しての雑誌の編集を担当する予定だった北尾修一氏が、ツイッター上で経緯説明&謝罪を行いました。

「関係者と支援者の方には、多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫び致します」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00000195-sph-ent

 

経緯を簡単に書いてみると、、、

真木さんと写真家の鈴木心さんに、編集者の北尾さんは相談を受けた。

その内容は、冬の「コミケ」で、1冊まるごと真木よう子特集を出したいから、編集を担当してください。

 

その時に、もしかしたらクラウドファンディングを利用するかもしれません。

その時も相談に乗ってね!

というものだったそうです。

 

でも、これって、何回見ても、「コミケ」で発表する出版物とは全く意味が違うものですよね。。。

きっと、「セシル」が思うほどみんなに受けなかったから、落ち込んで、暴走してしまったのかなぁ?

真木さん。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です