いときん(ETKING)余命や生存率は?肺腺がんステージ4で脳転移

ETKINGのボーカルいときんが、なんと肺腺がんのステージ4(末期)であることが分かりました。

乳がんステージ4で亡くなった小林麻央ですが、やはり末期がん、つまりステージ4の余命や生存率が気になります。

肺腺がんでの生存率から余命はどうなのか、色々調べてみました。

いときん(ETKING)肺腺がんステージ4で脳転移

ETKINGのいときん(ボーカル)が、6月の定期検診で肺腺がんのステージ4ということが判明しました。

さらに、リンパ腫や脳への移転も確認されたとのこと・・・

小林麻央が乳がんステージ4でしたが、遠隔転移していたものの脳への転移は見られませんでした。

 

いときんコメントは以下のとおりです。

7月26日から、大阪市内の病院に深部静脈血栓症の為入院しております。

そしてもう1つ、治療をしなければならない病気にかかっております。病名は肺腺がんです。

6月に健康診断を受けた際に発覚し、7月に細胞検査などをした結果、ステージ4の進行がんであることが分かりました。リンパ節、そして脳にも転移しております。

これから生命力を尽くし、家族、仲間と共に病気と向き合い、治療法を選択し専念していきたいと思っております。

ET-KINGいときんとしてのライブ活動はしばらく休ませて下さい。

ライブ関係者各位、イベンターのみなさまには、年内のライブにつきまして大変ご迷惑をおかけすることになりますが、事務所メンバー含め精一杯の対応をして参りますので、どうかよろしくお願い致します。

ET-KINGのリーダー、いち大阪のブルースマン、そしてHIP HOPのトラックメイカーとして、

自分の音楽、哲学に向き合い、まだまだ作品を残したいと思っています。

生きたい!!

ET-KING 、OSAKA ROOTS

いときん

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000322-oric-ent

 

そもそも、肺腺がんとはどんなガンなのか?

肺腺がんは肺がんの一種で、肺がんの中でも最も多いガン、さらには進行スピードが早いことも特徴で、見つかったときにはすでに転移していることが多いのも特徴になります。

そして、今回のいときんの肺腺がんはステージ4。

 

ステージ4と言えば、小林麻央が乳がんでステージ4と診断され戦っていましたが、その特徴はやはり転移が見られるという点。

今回のいときんは、小林麻央には見られなかった脳への転移が確認されています。

脳転移すると一体どうなってしまうのか?

 

脳でも場所によって症状が変わるようです。

しかし、脳は人間のメインであるために生活に支障をきたすレベルの症状が出てきます。

手足の麻痺・痙攣・言語障害・意識障害・吐き気・頭痛などが挙げられます。

 

いときん(ETKING)余命や生存率は?

肺腺がんのステージ4の生存率は、化学療法を行った場合1年で50~60%ほどと言われています。

通常は5年生存率が基準になりますが、肺腺がんのステージ4の場合は、手術自体を行うのがその時点で難しいために、1年生存率で出されています。

早期の肺腺がん(ステージ1)では、生存率は70~80%ほどありますが、肺腺がんは初期段階では自覚症状がなく、進行しているのが分からないところが怖いところです。

そして、いざ見つかってみればすでに・・・というケースが多いようです。

 

今回のいときんは脳への転移も見られるとのことですが、手術自体が難しい為に、すでに余命宣告されているかもしれません。

ステージ4の生存率で見れば、1年後には50~60%の確率で元気な姿を見られますが、いときんは脳への転移も確認されることから、手術自体は難しい。

 

化学療法での治療になると思います。

余命に関しては、現段階ではすでに宣告されている可能性も十分ありますね。

5年生存率ではなく、1年生存率を考えると余命はあまり長くないかもしれません。

1年後の生存率が多くても60%ほどということで、まずはこの1年を乗り切れるかが今後の余命に対する力になると思います。

 

余命は小林麻央の時もそうでしたが、その人の気持の持ちようや治療環境によって、大きく左右されます。

なので、今後は治療に専念して、生存率の概念を壊してほしいと思います!

今後の情報にも注目していきます。

気に入ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。