宮本佳林 機能性発声障害の症状や原因!治療で完治して治る?

ストレス

アイドルグループのJuice=Juiceのメンバーである宮本佳林が、機能性発声障害になって声が出なくなったことで、当面の活動を休止することになりました。

聞きなれない機能性発声障害とは一体どんな病気なのか?

症状や原因、さらに治療で完治して治るのかも調べてみました!

Juice=Juice宮本佳林

Juice=Juiceとは、ハロープロジェクトの7人組アイドルグループです。

メンバーは、宮崎由加、金澤朋子、高木紗友希、宮本佳林、植村あかり、梁川奈々美、段原瑠々。

2013年にハロープロジェクト生誕15周年記念ライブの福岡公演で、研修生内ユニットとして結成されました。

 

宮本佳林はそんなJuice=Juiceのメンバーで、1998年12月1日生まれの18歳。

趣味はヨガやカラオケ、好きなスポーツはバドミントンと、アクティブな活動が得意で、「とことんやれば勝手に自分らしくなる」という座右の銘のもとアイドル活動をしてきました。

しかし、そんな宮本佳林に悲劇が・・・

 

宮本佳林の機能性発声障害とは?症状や原因は?

宮本佳林は、以前から声の出にくさを気にしていて、ブログにて診断結果は「機能性発声障害」だと報告しました。

私自身「機能性発声障害」なんて病気は初耳なので、どんな病気なのか調べてみました。

まずは、症状からですが、共通しているのは「声が出なくなる、出にくくなる」ということです。

 

機能性発声障害には3種類の症状があります。

・心因性失声症・・・いきなり声が出なくなる

・音声衰弱症・・・徐々に声が出なくなる

スポンサーリンク

ストレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です