【コードブルー3】第2話あらすじやネタバレ感想!視聴率も!

コードブルー3

期待の月9ドラマ「コードブルー3」の第2話のあらすじと、ネタバレ感想をご紹介します!

【コードブルー3】第2話あらすじ

藍沢耕作(山下智久)が救命救急センターに戻って一週間が経過した。しかし、白石恵(新垣結衣)と藍沢のフェローへの指導方針などを巡るぶつかり合いは、緋山美帆子(戸田恵梨香)藤川一男(浅利陽介)も辟易するほど。横峯あかり(新木優子)への藍沢の指導の厳しさは、センターを円滑に回したい白石にとって許しがたいものだった。白石は藍沢の復帰を願ったことを早くも後悔し始める。

そんな折、開放骨折の患者、宮本望海(古畑星夏)が救急搬送される。17歳の望海は妊娠していることがわかり、駆けつけた父の勉(平山祐介)はHCU(高度治療室)でほかの患者が寝ていることも顧みず大声で娘をしかり始める。出産を望む望海に勉は大反対しているのだ。

妊娠で悩んでいるのは、この親娘だけではなかった。藤川は冴島はるか(比嘉愛未)の懐妊を知ったものの本人から話してくれないため聞くこともできずに思い悩んでいた。藤川は、そのことをうっかり白石や緋山に話してしまう。そこには藍沢もいた。

藍沢は人体模型を使って胸腔ドレーンの練習をする横峯を見つけ、ICU(集中治療室)に連れていく。意識がない患者を最高の練習台と語り練習を促す藍沢の考え方についていけず横峯はついに泣き出してしまう。傍では灰谷俊平(成田凌)が震える腕を必死で押さえているなど白石は救命センターの現状に頭を抱えてしまう。

ギスギスした師弟関係のまま、ドクターヘリ要請を受けた藍沢と横峯は現場へ飛ぶ。マリーナでクレーンによって吊られた船が落下して、親子3人が怪我をしたらしい。機内で緊張する横峯に、藍沢は3人全員の処置を任せると言い放った。

引用:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index.html

 

視聴率に関しては発表され次第追記します。

初回は16.3%と好発進だったものの、2話目以降がどうなるのか気になりますね。

脚本家が変わったことで、前回からチラチラしている恋愛要素も盛り込まれてくると思われるので、そのあたりがどうなるか注目です。

 

【コードブルー3】ネタバレ感想

前回、個人的に一番気になっていた藤川と冴島の関係と妊娠について、二人が話し合う機会がありました。

妊娠について、冴島は誰にも言わないでということを冴島に言ったのですが、すでに藤川は白石と緋山に暴露していたのです(笑)

普通こんなこと「他人に言わないよね」と批判されます。

案の定、その後白石と緋山と出会った冴島は、早めに対応したほうがいいんじゃない?と言われますが、冴島は反論してほっといてくれという感じに。

 

藍沢と白石は、新人フェローに対する教育の違いでぶつかります。

横峯に辛くあたる藍沢、藍沢は練習用の人形で技術練習していた横峯に、実際の患者で「練習してみろ」と言い放ちます。

かなり冷徹な感じでした。

 

それに対して、横峯は「患者は物じゃない」と反論して泣きます。

白石はそれを見て困った様子。

そして、緊急でドクターヘリで出動した藍沢と横峯と冴島。

 

藍沢は横峯に対して「3人全ての患者を担当しろ」といいます。

横峯は1人だけと思っていただけに、困惑している様子。

藍沢は「俺はただの付き添い、お前の支持に従う」と相変わらずの冷徹ぶり。

 

そして現場に到着した、藍沢と横峯。

現場では藍沢は本当に付き添いとして、全くヒントも手助けもしません。

どんどん追い込まれていく、横峯。

 

横峯は追い込まれながらも、藍沢に少しだけヒントを貰い、自ら考え指示を出しました。

藍沢も「悪くない」と少しだけ認めた様子。

スポンサーリンク

コードブルー3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です