熱中症の頭痛が治らない理由と治し方!吐き気や下痢の場合は?

熱中症

暑い夏も本番。みなさんはいかがお過ごしですか?年々、なんだか暑さ、おかしくなっていってないですか?

今回は、そんな初夏~いまや晩秋まで気をつけなければイケナイ、熱中症について書いてみたいと思います。

頭痛が治らない理由、治し方、吐き気や下痢の場合の対処法や原因についても書いてみますね!

熱中症の頭痛が治らない理由と治し方!

なんだか熱中症にかかったかも?

と思ったとき、みなさんはどんな症状がありますか?

 

頭痛の人、吐き気の人、なんとなくだるくなってくる人、様々だと思います。

でも、一番多いのはやっぱり頭痛ではないでしょうか?

 

では、頭痛がおきてきた場合、どう対処すれば良いと思いますか?

冷水で冷やす

氷水で顔を洗う

熱さまシートを貼る

 

などなど、いろいろ思いつきますね。

それで収まってくれたらよいのですが、ひどいときには、次の日まで頭痛を持ち越してしまう場合も良くあります。

 

ここで、一言。

「熱中症の頭痛は、ほっておくと悪化し、もし対処が遅れたら、病院行きになってしまうかもしれません」

 

そのためにも、熱中症で頭痛が起こるメカニズムを少しだけ整理しておきたいと思います。

熱中症のそもそもの原因は、体の中の水分が奪われたことで、血液の量が少なくなってしまい、頭まで十分な血液が届かなくなってしまったことによります。

その結果、頭痛や全身の倦怠感、めまい、嘔吐などの症状が起こるのです。

 

このような症状は、熱中症の中でも「熱疲労」とよばれ、放っておくと重症になることもある症状なので、かなり気をつけなければなりません。

 

では、翌日になっても頭痛が収まらない場合はどうしたらよいのでしょう?

翌日まで続く場合は、気が付かなくても脱水症状を起こしている可能性が高いです。

この場合は、「水分」&「塩分」の両方を意識して摂る必要があります。

 

常に用意しておくとお役立ちな飲料水に、「経口補水液」があります。

熱中症

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です