日本人が読めないフォント!?暗号みたいなElectroharmonixの読み方ご紹介!

Electroharmonix エレクトロマトリクス

ワイドナショーで取り上げられたのが、なぜか日本人だけが読めないと言われている不思議なフォント「Electroharmonix(エレクトロマトリクス)」というものがあります!

私も読んでみましたが、暗号のような感じで初めは訳が分かりませんでした(笑)

今回はそんなの読み方についてご紹介します!

ワイドナショーでも紹介されたElectroharmonix(エレクトロハーモニクス)フォントとは?

今朝、ワイドナショーを見ていると、気になる話題がありました。

それは「日本人だけが読めないフォント」というものでした。

世界中の人が読めて、なぜ日本人だけが読めないのか?と思っていましたが、そのフォントを見れば恐らく大半の人は読めないでしょう(笑)

それがこのElectroharmonix(エレクトロハーモニクス)です。

出典:http://typodermicfonts.com/wp-content/uploads/1998/03/electroharmonix-a-1440.png

 

これ何の知識もなしに所見で読める日本人はいないんじゃないか?と思ってしまいます。

私も初めは上の文字ですら「モレモCナヤ、ロカムヤ、巾ロ門エメ」みたいにしか読めませんでした(笑)

これを解読するヒントは、まさに「日本人が読めないフォント」という点です。

 

つまり、私がカタカナや漢字などにしか見えなかったように、日本特有の思い込みがあるのです。

世界でも日本語というのは一番難しい言語とも言われていますが、その理由は「ひらがな」「カタカナ」「漢字」が混ざっているからです。

つまり、この日本語に慣れ親しんでいる日本人にとって、このフォントはカタカナや漢字などで組み合わされた暗号のように見えてしまうのです。

 

さあ、あなたは謎が解けましたか?

Electroharmonix エレクトロマトリクス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です