上西小百合議員 ツイッター炎上問題!サッカー浦和レッズから面会拒否!

批判

今回は、上西小百合議員のツイッター炎上問題について、私の思いの丈も含めて書いてみたいと思います!

さらに、サッカーチームの浦和レッズから面会拒否された話題についても書いてみます!

国会議員としてどうなんでしょうね・・・

上西小百合議員 ツイッター炎上問題!

上西小百合議員は、若くして衆議院議員となり、34歳の現在は月に100万近くの議員報酬をもらっています。

34歳でこれだけの収入があるって勝ち組ですね。

上西議員の高飛車っぽい感じは、こういった環境もあるのかもしれませんね。

 

さて、世間を賑わせているツイッター炎上問題をピックアップします。

こちらが、問題勃発したツイートです。

最近、毎日のようにニュースを賑わしている、上西小百合議員。

前から少しおかしかったけど、最近また炎上していますね!

 

そりゃそうでしょう。

だって、熱心なサッカーファンじゃなくても、カッチ~ンとくる言葉を連発しているのですから。

 

いやいや、選手は試合になったら、毎回一生懸命グランドを走り回りますし、応援団は一生懸命選手のために応援します。

それがスポーツの良いところでしょ?

 

もう一つ言わせてもらうと、

「議員のくせに、スポーツの精神しらんのか~い!!」

と声高に叫びたいところです。

 

だって、「酷い負け方」と書く時点で間違ってる。

スポーツは、勝った方も負けた方もお互いの健闘を称えあうもの。

なのに、この態度は何?

 

てなわけで、上西議員、大変なことになっております。

彼女がこの暴言を吐いたのは、浦和レッズとドルトムントの親善試合。

上西議員は、「ドルトムントのファンです」と自ら公言しています。

それは良いのですが、、、

 

この試合、かなり接戦で、惜しくも1点差で浦和レッズが負けてしまったという曰く付きの試合なんです。

ただでも、応援しているメンバーは悔しい。

なのに、その気持ちを逆なでするように、上記の言葉をツイートしたんです。

 

誰が聞いても、この話は「あっか~ん!!!」

しかも、これだけ炎上させておきながら、削除もしないって。。。

スポンサーリンク

批判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です