大宮エリー 事実無根ではなく誤認の意味は?松居一代の手紙動画に反論!

批判

松居一代の標的が大宮エリーに向けられていた件で、大宮エリーが公式サイトで反論しました!

その中に「事実無根」ではなく「事実誤認」という文字がありますが、この意味が気になりました。

無根ではなく誤認の意味は?ついに松居一代の手紙動画に反論!

大宮エリーが松居一代の手紙動画に反論!

船越英一郎との別居の原因として、渦中の人物に大宮エリーの名前を直接ではありませんが挙げていました。

それは、大宮エリーが船越英一郎に宛てたとされる手紙です。

 

そして、松居一代はこの手紙に対して、大宮エリーに内容証明郵便を2通送ったのです。

動画内では、内容証明を送ったことや、慰謝料目的ではないことなどが語られていて、手紙なども公開されています。

それと、大宮エリーが送ってきたとされる「恋のおまじないシール」「恋のおまじないネックレス」などの存在も公開されていました。

そして、大宮エリーからの13枚の手紙の存在も語られ、内容こそは公開されていませんが、期待していた内容ではなかったことを語っています。

 

動画では一方的に松居一代が、大宮エリーに対してあれこれ語っていますが、そんな大宮エリーも黙ってはいませんでした。

大宮エリーの公式サイトで、今回の松居一代に対する反論が掲載されました。

マスコミ及び、関係各位の皆様へ

拝啓 猛暑の候、平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、今回の一連の報道を受けまして、私共と本人との擦り合わせの結果、事実誤認甚だしく、大変迷惑な話しです、と一言だけ発表させて頂きます。

重ねて、平素より大変お世話になっておりますマスコミの皆様にも、いつも応援してくれている皆様にも、ご理解を賜りたくお願い申し上げます。

尚、この件に関しまして、当事務所としましては、これを持って最初で最後のコメントとさせて頂きます事をお許しください。

スポンサーリンク

批判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です