【松居一代】第10弾の別宅の真相 第3話全文内容!大宮エリーに特別講座を提案!?

激怒

松居一代がまたまたYouTubeに動画投稿し、今度は大宮エリーからの手紙と、2回目の内容証明郵便、さらに大宮エリーに対して社会貢献として特別講座をやらせるということになったそうですが・・・

一体松居一代はこれを暴露して何をしようとしているのか・・・ちなみに動画をスロー再生してみると、かなりのサスペンスです(笑)

【松居一代】第10弾の別宅の真相 第3話全文内容!

別宅の真相 第3話

2回目の内容証明郵便 金銭請求は無し 要求は社会貢献 第3話

 

別宅の真相 第3話 第2話では私の代理人弁護士がその女性宛に9月29日第一回目の内容証明郵便を送付した。

すると、女性からこの手紙が届いた。

この手紙は、A4 13枚に渡る長文ではあったが、謝罪文にはなってはいなかった。

謝罪どころか、私の気持ちを逆なでするような、これは手紙だ。

 

そこで、第二回目の内容証明による10月8日、私の代理人弁護士が女性に送りつけた。

STUDIO ellie 大宮エリー殿

松居一代代理人

通知書

貴殿より2010年10月5日にA4サイズで13枚におよぶ長文の文面を受理したが、あくまでこの文面は貴殿の行動の時系列の説明であり、通知人が貴殿に求めている謝罪の体をなしていない。贈物のシールが男性性器であることは明白な事実である。

通知人が貴殿に求めていることは、貴殿の非常識・不謹慎としかとれない手紙や贈物によって通知人および長男までもが傷ついているので、その責任をどのような形で謝罪するのかを問うものである。

慎重に検討し、本書面送達後五日以内に当職宛、文書で回答されるよう再度、請求する。

なお、通知人は貴殿に対する金銭請求は全く考えておらず、この通知が慰謝料請求ではないことを再度強調する。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=BrvDF9KEMcU

 

2回目の内容証明郵便を受け取った彼女は、ついに代理人弁護士を立てました。

その弁護士と話し合ったのは、私自身でした。

この事件は私の問題でした。

 

だから、代理人弁護士に任せること無く私自身が先方の弁護士と話し合いを重ねたのです。

スポンサーリンク

激怒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です