ヒアリ女王の特徴の寿命や大きさ!何匹いて繁殖力は?

ヒアリ

今回は、今をときめく「ヒアリ」について書いてみたいと思います。

「ヒアリの女王」の特徴・寿命・大きさ・何匹いるかや繁殖力について、まとめてみますね!

スポンサーリンク

ヒアリ女王の特徴の寿命や大きさ!

まずここで、悲しむべき出来事をお伝えいたします。

女王アリが見つかったということは、繁殖をして、日本全国に蔓延していってしまう可能性が高いということです。

それを踏まえたうえで、女王アリの特徴について見ていきましょう。

 

女王アリの大きさ:約1cm (日本在来種の中でも最大のオオクロアリで、1.5~1.7cmです。)

卵:1日に2000~3000個(一説には1500個、500個とも)産みます。一生の間には、200~300万個産みます。しかも、一度交尾をすると、永遠に卵を産める体になります。受精卵からは雄が生まれ、受精しなかった卵からは雌が生まれます。

なんと便利なんでしょう。。。どっちにしても、卵産めちゃって、アリ増えちゃうじゃないですか!

攻撃:女王アリを防衛する部隊のアリの攻撃は、1回で4~7回も咬みます。女王アリが、新女王アリを産む時期は、防衛アリの攻撃力は、通常の1.5倍になります。

女王アリの寿命:アリの寿命は大きさで決まるようで、普通の(一番小さい)働きアリは30~60日(およそ半年)ですが、女王アリともなると、普通で2~6年。最大で7年生きるそうです。

もう、ビックリの世界でしかありませんよね~

 

何匹いて繁殖力は?

日本では、今のところ2匹「女王ヒアリ」が発見されました。

専門家によると、一つの巣(コロニー)の中に、複数の女王アリがいたということもあるらしく、10~20匹いることも良くあるようです。

しかも、最大で100匹いた事例もあるということです。

 

そんなにもいると、移動距離、半端ないですよね~

ひぇ~ 恐ろしい!

スポンサーリンク

 

ところで、「ヒアリ」の移動距離や方法知っていますか?

陸上では大陸を横断するくらいよく歩きます。

地球規模で移動すると言っても過言ではありません。

 

川などの場合の移動は、下に働きアリのイカダを作って、その上に女王アリを乗せて、移動していきます。

つまり、どこでも自由に行ってしまうというわけです。

 

ご存知のように、繁殖力もすさまじく、しかも巣の中に複数の女王アリがいるということは、その巣は永久的に受け継がれ、どんどん大きくなっていくということです。

これは、女王アリをターゲットにしないといけませんね。

女王アリがいなければ、繁殖もできませんし、巣を維持していくこともできなくなります。

 

女王アリは、コロニーが大きくなるにつれて、卵を産む数も増やしていきます。

しかも、5年目くらいのコロニーにもなると、毎年新女王を100匹以上誕生させ、時期になると新しい巣を作らせるようにします。(みんな生き延びるとは限りませんが、、、)

 

それから考えても、一度繁殖に成功し、コロニーを作ってしまうと、ある意味永久的に女王は増えていきますし、どんどん新コロニーもできるということがわかります。

これは、日本でコロニーを作る前に、撲滅させないといけませんね!

国や市は、港ばかりではなく、もっと範囲を拡大して、生息状況を確認していかないといけない時期に来ているのかもしれません。

 

最近の日本は温帯どころか、亜熱帯?という日も多いですよね。

四季どころか二季かっ!

と思うことも良くあります。

 

「ヒアリ」は、温帯か亜熱帯の乾燥地を好みます。

ますます日本が、「ヒアリ」の大好きな気候になっていっているということです。

その点においても、「ヒアリ」対策は、一刻をも争うべき要注意事項ですね!!!

スポンサーリンク

ヒアリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です