【ごめん、愛してる】初回視聴率やあらすじ!ネタバレ感想!

ごめん、愛してる

日曜劇場の「ごめん、愛してる」が放送されましたね!

長瀬智也と吉岡里帆の共演で、キャスト的には文句なしです!

「ごめん、愛してる」の1話視聴率やあらすじ!ネタバレ感想をご紹介!

【ごめん、愛してる】1話あらすじと視聴率

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凜華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。

ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。

裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凜華と再会する。凜華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。

引用:http://www.tbs.co.jp/gomen_aishiteru/story/

 

視聴率は発表され次第、追記します。

これまでの日曜劇場は、前回の「小さな巨人」といい、視聴率はドラマの中でも好調でしたので、今回の「ごめん、愛してる」も期待できそうです。

キャストも豪華ですからね。

 

【ごめん、愛してる】初回ネタバレ感想!

原作が韓国KBSドラマ「ごめん、愛してる」ということで、初回から韓国語がかなり飛び交っていて、韓国ドラマか!?と思ったほどでした(笑)

長瀬智也演じる岡崎律は、韓国マフィア?のボディーガード的な存在として、裏社会で生きています。

韓国語はかなり勉強したのか、素人では分からないくらい流暢に話していました。

 

ひょんなことからひったくりにあい、ひったくりを追いかけていた吉岡里帆演じる三田凜華が段差でコケて、それを助けたのが律でした。

律はその後、凜華を飲みに誘いますが、実はひったくり犯と律はグルで、凜華を拉致ろうとしていました。

しかし、律は直前になって凜華を仲間の拉致から救い出して、自らの住処へ連れて行きます。

 

律は母親に捨てられた境遇を持っていて、孤独な生活を送っていました。

住処はボロボロの小屋で、凜華はかなり驚いていました。

しかし、吉岡里帆の演技は自然で、酔った時の演技は可愛くて最高です(笑)

 

律は大胆な男です。

初めて会った凜華を自分の住処に連れていき、ベッドに押し倒して一緒に寝ていたのですから(笑)

長瀬智也ファンなら発狂するレベルでしょうね!

 

その後、律は自分のマフィアの若頭の誕生日パーティーに参加。

そこで、若頭を殺そうと狙っている殺し屋から若頭を体を張って助けました。

体と頭部に銃弾を受け、かなり危険な状態に。

 

目が覚めたときには、病院のベッド。

奇跡的に意識を回復したのでした。

 

その頃、凜華は坂口健太郎演じる天才ピアニストの日向サトルの家に。

大竹しのぶ演じるサトルのお母さんに、サトルが部屋から出てこないことを告げられ、なんとかしなさいと言われる。

スポンサーリンク

ごめん、愛してる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です