【コードブルー3】ドラマ視聴率低い!?理由は脚本家の安達奈緒子?

コードブルー3

大人気医療ドラマコードブルー3ですが、視聴率が低いんじゃないかと言われています。脚本家が変わるそうです。

なんで、脚本家を変えてきたのでしょうね?今までの、脚本家ではダメだったのでしょうか?

てことで、今回は【コードブルー3】ドラマ視聴率低い!?理由は脚本家の安達奈緒子? について調べました!

スポンサーリンク

【コードブルー3】ドラマ視聴率低い!?

ドラマは、2017年7月17日毎週月曜夜9時からです。

初回30分拡大なんだとか。

知らない方の為にも、軽く内容やキャスト紹介します。

 

医師として10年以上のキャリアを持った彼らは、それぞれの道を歩みはじめていました。

藍沢耕作は救命救急センターを離れ、脳外科医としてさらなる高みを目指してオペを行っている。

今では、日本の医療界が注目するドクターだ。

 

白石恵は、人手不足の翔北救命救急センターに残りスタッフリーダになっていた。

冴島はるかは、今やフライトナースのエースになっている。

藤川一男も、白石と一緒に翔北救命救急センターの整形外科専門医をしている。

 

緋山美帆子は、周産期医療センターで産婦人科医の道を進んでいた。

大切な家族を失ったり、運命の相手と出会ったり、大きな変化がでてきているが、藍沢耕作達に厳しい試練が舞い降りてきた。

 

キャスト

藍沢耕作・・・山下智久

今や、翔陽大学附属北部病院の脳外科医として注目のドクター

 

白石恵・・・新垣結衣

翔陽大学附属北部病院の救命センターで働く医師

 

緋山美帆子・・・戸田恵梨香

周産期医療センターで働く産婦人科医

 

藤川一男・・・浅利陽介

翔陽大学附属北部病院で働く整形外科医

 

冴島はるか・・・比嘉愛未

翔陽大学附属北部病院の看護師

スポンサーリンク

実は視聴率がすでに低いのでは?という意見もあります。

 

【コードブルー3】理由は脚本家の安達奈緒子?

脚本家が、安達奈緒子さんに変わったみたいですね。

今までは、救命病棟24時や医龍-TeamMedical Dragon-など人気ドラマを描いていた林宏司さんが担当していました。

なぜこのように脚本家を変えたのでしょう?

 

安達奈緒子さんは、4%台を連発した小雪主演の大貧乏の脚本家であり、今までは恋愛ドラマばかりを描いていたのです。

なぜそんな方が、脚本家になったのか不明です。

恋愛ドラマばかり描いていた方に、医療ドラマをうまく描けるのでしょうか?

 

ただでさえ、前回の「貴族探偵」での視聴率のヤバさが、さんざん言われていたのに、脚本家を変更してドラマを作るとは・・・

ドラマにとって、キャストも原作も大切ですが、何と言ってもそれらを活かせる脚本があってこそ面白いと思ってもらえ、視聴率の取れるドラマが完成します。

キャストに関しては文句なしなのですが、脚本がどうなるのかは不安要素が大きいですね。

 

ここ最近の月9は、迷走していて視聴率がだだ下がりしています。

そのために、1シーズン2シーズンと平均視聴率が15%を記録したコードブルー3が始まるみたいですが。

メンバーも豪華メンバーなので、そりゃ視聴率は高いはずです。

 

視聴者からはかなり不満が上がっていて、「前の脚本家で見たかった」「なぜ医療ドラマに恋愛脚本家を使うの?」「やっぱり今のフジはズレてる」などと言われています。

まぁそう言われても仕方ないです。

私も医療ドラマ好きなので、楽しみにしていたのですが果たして面白いドラマが仕上がっているのでしょうか?

 

でも、医療ドラマってあまりハズレない気がしますが。

このドラマが、果たしてどうなのか気になりますね。

スポンサーリンク

コードブルー3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です