ヒアリの大きさや特徴や生息地!日本のアリがいなくなる!?

ヒアリ

みなさんヒアリが日本に入ってきて話題になっていますね。

今回は、そんなヒアリの大きさ・特徴・生息地について、まとめてみたいと思います。

日本のアリがいなくなる!?についても書いてみますね!

ヒアリの大きさや特徴や生息地!

ヒアリとは、「火蟻」と書きます。

「殺人ヒアリ」として、最近では話題になっています。

 

この「殺人ヒアリ」、数日前(2017年6月)に発見されるまで日本にはいませんでした。

なんと、初めて、大井ふ頭で、中国からのコンテナの中からヒアリが発見されたのです。

 

それからは続々。。。

今発表されていることをまとめてみると、東京都(大井ふ頭)・尼崎・神戸・名古屋港・大阪港ですでに見つかっています。

しかも、女王アリも大阪港で見つかったというのだから、大大大事件です!!!

 

そのヒアリ、もともとは南米原産の強い毒をもつアリです。

とりあえず、これからの時期は、コンテナの中が暑くなるから、ヒアリ自身が生きて日本に来れなくなるだろうと言われていますが、また涼しくなってきたら、また出てくるのではないかとも言われています。

しかし、南米産なので、意外にも暑さに強いかも・・・なんて思ってしまいました。

 

それよりも、もう日本に入り込んでしまったヒアリは、土の中に住みつき、徐々に数を増やしていくのは目に見えています。

早急な対応が不可欠ですよね~

ここで、みなさんにも注意してもらうために「ヒアリ」の特徴を書いておきます。

 

スポンサーリンク

ヒアリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です