ヒアリの大きさや特徴や生息地!日本のアリがいなくなる!?

ヒアリ

みなさんヒアリが日本に入ってきて話題になっていますね。

今回は、そんなヒアリの大きさ・特徴・生息地について、まとめてみたいと思います。

日本のアリがいなくなる!?についても書いてみますね!

スポンサーリンク

ヒアリの大きさや特徴や生息地!

ヒアリとは、「火蟻」と書きます。

「殺人ヒアリ」として、最近では話題になっています。

 

この「殺人ヒアリ」、数日前(2017年6月)に発見されるまで日本にはいませんでした。

なんと、初めて、大井ふ頭で、中国からのコンテナの中からヒアリが発見されたのです。

 

それからは続々。。。

今発表されていることをまとめてみると、東京都(大井ふ頭)・尼崎・神戸・名古屋港・大阪港ですでに見つかっています。

しかも、女王アリも大阪港で見つかったというのだから、大大大事件です!!!

 

そのヒアリ、もともとは南米原産の強い毒をもつアリです。

とりあえず、これからの時期は、コンテナの中が暑くなるから、ヒアリ自身が生きて日本に来れなくなるだろうと言われていますが、また涼しくなってきたら、また出てくるのではないかとも言われています。

しかし、南米産なので、意外にも暑さに強いかも・・・なんて思ってしまいました。

 

それよりも、もう日本に入り込んでしまったヒアリは、土の中に住みつき、徐々に数を増やしていくのは目に見えています。

早急な対応が不可欠ですよね~

ここで、みなさんにも注意してもらうために「ヒアリ」の特徴を書いておきます。

 

ヒアリ特徴

原産国・・・南米

働きアリ・・・2.5ミリ~6ミリ  赤茶けた体表・腹部は濃い黒茶色

刺されたらどうなるか・・・超強烈な毒針で刺されると、まるでやけどのような超激痛に襲われる!
※ここから「火蟻」の名前が来ています。毒は、様々なアレルギー症状(痛み・痒み・じんましん・発熱・激しい動悸など)を引き起こし、アナフィキラシーショックで、人間のみならず、家畜も殺してしまいます。

巣の形・・・上から見ると、円錐形のアリ塚を作り、土の中に、ラグビーボールのような巣を作る。

スポンサーリンク

攻撃性・・・とても強く、生きたままの小型の爬虫類すら、集団で襲って、餌食にしてしまいます。

繁殖力・・・1匹の女王アリが、1日に100個もの卵を産むので、繁殖力はすさまじいものがあります。しかも、1度交尾をしてしまうと、女王アリだけで産卵が可能な体になってしまうので、どんどん増えていきます。

世界の状況(はっきりわかっている国のみ)・・・アメリカ合衆国・オーストラリア・ニュージーランド・マレーシア・タイ・フィリピン・中国・台湾 などにすでに拡散されていて、世界でも大問題になっています。

天敵・・・ノミバエ

 

 

見つけたり、もしかしてと思ったりしたら、すぐに通報してください。

むやみに退治すると、在来種と間違えて日本のアリの数を減らし、外来種をはびこらせてしまうことになるかもしれません。

 

日本のアリがいなくなる!?

日本のアリを、ヒアリと間違えて、殺虫剤で殺してしまう人たちも多いそうです。

もしかして、ヒアリの天敵は、日本のアリだという点でもヒアリだと判断できない場合は、アリを殺すのは控えたほうがいいかもしれません。

 

アリの世界のことは、アリと専門家に任せて、見つけたら地方の環境事務局などに通報してください。

そして、日本のアリを応援です!!!

少しずつでも日本のアリが数を増やしてくれるように、日本のアリがいなくならないように環境づくりを私たちはしましょう。

スポンサーリンク

ヒアリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です