稲田朋美の問題点を分かりやすく!無能で辞任すべき?

自衛隊

防衛大臣の稲田朋美さんが、自衛隊を私物化している事で問題になっていますよね?知っていましたか?

まず、自衛隊は国家や国民のために尽くしているのであり、政党や政治家のためにあるものではないですよね?辞任しろとも言われています。

てことで、今回は稲田朋美の問題点を分かりやすく!無能で辞任すべき?について調べてみました。

稲田朋美の問題点を分かりやすく!

防衛大臣の稲田朋美さんが今回問題になっているのは、自衛隊を政治活用しているような発言をしたからですね。

都議選の自民党候補の応援演説にて、「防衛省・自衛隊・防衛大臣・自民党としてもお願いしたい」と発言したのが、問題になっています。

そこに自衛隊と言うのが入ってたのが問題です。

 

自衛隊法があって、自衛隊員は選挙拳権行使以外の政治的行為をしちゃダメなのです。

自衛隊は選挙権があるので、トップがそんな事を言うとこの人に投票しなきゃいけないと思うものなんじゃないでしょうか?

それで、投票数が上がるのはおかしいですよね。

 

防衛大臣稲田朋美さんは、撤回したいと申し出て「防衛省・自衛隊に限らず、政府の機関は政治的に中立であり、特定の候補者を応援することは有り得ない」と言いました。

その前の集会後にも「防衛省・自衛隊の活動に地元の理解と支援を頂いていることに感謝の気持ちを伝える一環として、そういう言葉を使った。あくまでも自民党として応援している」と釈明されています。

言ってることが真逆ですよね。

 

防衛省・自衛隊23万人のトップとしての発言ではないですよね。

今まで、失言問題を起こす様な方ではなかったはずですが、今回はトップとして自覚が足りてなかったようですね。

 

無能で辞任すべき?

防衛大臣稲田朋美さんは、無能だから辞任すべきと言われています。

撤回したいと申し出たけど、辞任する気はないみたいですね。

トップがこんな事を言うと、辞任すべきと言われても仕方ありません。

 

//platform.twitter.com/widgets.js

スポンサーリンク

自衛隊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です