松居一代が統合失調症?でおかしい?上沼恵美子の批判が原因!?

批判

松居一代が突然ブログで「恐怖の告白」と「襟を正されるべきです」というタイトルで、衝撃の告白をしていますが、なんとも松居一代の様子がおかしいので、統合失調症なのではないか?と言われています。

さらに、過去に上沼恵美子と読売テレビに報道された内容に対して、かなり激怒していて謝罪を求め、法的手段を取ることも書かれています。

今回の松居一代が統合失調症?でおかしくなったのは、上沼恵美子の批判が原因なのか?

松居一代が統合失調症?でおかしい?

松居一代が突然ブログにて「恐怖の告白」そして次の日には「襟を正されるべきです」と、世間を置き去りにする見事な記事を連投し、一体どうなってやがるんだ!?と注目をかっさらっています。

松居一代と言えば、船越英一郎の妻であり、投資家としてドナルド・トランプ効果で100億?稼いだと言われています。

生活には何不自由なく暮らしているものと思われていましたが・・・

 

ブログにて「恐怖の告白」を27日に更新。

内容は、とある真実を知り、愛車のフィアットで500キロ逃げまくっていたことを告白。

さらに「おかしい」と言われる点については、「メッセージが聞こえた」「真実が書かれている秘密のノートを見つけた」「1年5ヶ月も尾行されている」といった内容で、読者を置いてけぼりにしていることから、おかしいと言われています。

 

松居一代の状態がどのようなものなのかは、実際に診断してみないと分からないのですが、この状況は「統合失調症」ではないかと言われています。

統合失調症の特徴としては

・眠れなくなる

・音や気配に敏感になる

・リラックスできず、不信感がつのる

・自分のことを監視されている

・自分の悪口を言われている

スポンサーリンク

批判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です