筋トレで脂肪付けず筋肥大する食事(カロリー)計算!炭水化物の量!

筋トレで脂肪付けず筋肥大する食事(カロリー)計算!炭水化物の量!

筋トレで脂肪を付けず、リーンバルクのカロリーを計算する方法を知っていますか?炭水化物はどれくらい摂取するべきなのだろう?とか気になりますよね。

てことで、今回は筋トレで脂肪付けず筋肥大する食事(カロリー)計算!炭水化物の量!について調べてみました。

筋肉を増量してムキムキになりたい方、ぜひ参考にして頂けたら嬉しいです。

筋トレで脂肪付けず筋肥大する食事(カロリー)計算!

筋トレで脂肪を付けず、筋肉を増量する食事計算ってどんな計算だろう?

今までは、筋トレしかしてなかったから食事計算もしながら、もっと筋肉を増やしたいな。とか思う方もいるんじゃないでしょうか?

まず、リーンバルクは聞き慣れないから、どういう意味って思う方もいるかもしれませんね。

 

リーンバルクとは、筋肉量を増やしながら体を大きくしていくって意味なのです。

体を鍛えるのが好きな方とかは、知っているかもしれませんが。

さて筋トレで脂肪を付けずにリーンバルクするカロリー計算方法なのですが、1日に必要なカロリーを計算しPFCバランスを決めるのです。

 

PFCバランスと言うのは、たんぱく質・脂質・炭水化物をどんくらいで割り振って食べるのかということなのですが、たんぱく質が1gで4カロリー脂質が9カロリー炭水化物が4カロリーです。

 

P徐脂肪体重の2~3倍

F徐脂肪体重×0,7

C残りカロリー÷4

 

で計算します。

筋肉を増やすには、鶏肉がいいとは聞いたことがありましたが、ちゃんと計算された食事方法があったのですね。

 

始めはこの食事計算方法になれなくて大変かもしれませんが、慣れれば今まで以上に筋肉を増やすことができますよ。

スポンサーリンク

筋トレで脂肪付けず筋肥大する食事(カロリー)計算!炭水化物の量!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です