小林麻央 死去直前に「愛してる」の言葉 市川海老蔵会見内容

自由

小林麻央が乳がんで闘病中でしたが、2017年6月22日に容態急変し亡くなりました。

KOKOROブログで赤裸々に闘病生活を書いていた小林麻央。

夫である市川海老蔵が小林麻央の死去について会見を開きました。

小林麻央が死去直前に「愛してる」 市川海老蔵の記者会見内容

会場にはかなりの数の報道陣がかけつけ、時間通りに会見は始まらなかったものの、会見が始まりました。

あまりの報道陣の数からなのか、会見映像や音声がかなり乱れていました。

小林麻央のことを世間がどれだけ注目していたかが分かるようでした。

 

市川海老蔵はまず、集まった報道陣やこれまで小林麻央に関わったすべての人に対して、感謝と迷惑をかけたという内容を話しました。

そして、小林麻央の最後について質問され語り始めました。

小林麻央は21日までは笑顔で話せる状態だったとのこと。

 

しかし、22日になり容態が急変したとの連絡を海老蔵が受け、小林麻耶と小林麻央の母親もそこに一緒にいました。

そして、海老蔵は小林麻央の最後を看取ったとのことでした。

息苦しそうにしていたそうですが、その死去するほんとに直前に「愛してる」と言葉を発したそうです。

海老蔵も信じられないかも、不思議なことかもしれませんがと語っていました。

 

その後、海老蔵も「愛してる」と言ったのです。

小林麻央の「愛してる」は「る」までは聞こえなかったようですが、確実にそう言ったそうです。

スポンサーリンク

自由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です