須藤凛々花の結婚宣言はアリだと思う理由!恋愛禁止を厳格化すべきか?

賛成

NMB48のメンバーの1人である須藤凛々花が、総選挙で前代未聞の結婚宣言をした問題は、かなり世間を騒がせましたが、もう投票しまくったファンは気が気ではありません。

総選挙で須藤凛々花につぎ込まれた金は推定1000万以上・・・そして須藤凛々花は会見で恋愛禁止の掟について「各自の判断に任せるという認識」ということを発言。

ですが、私はあの結婚宣言はアリだったと今は思っていますのでその理由をご紹介します!

須藤凛々花の結婚宣言はアリだと思う理由

結婚宣言によって、かなりの勢いで一気に知名度アップしました(笑)

あれはある意味天才的な知名度アップだと個人的に思ってはいますが、ファンにとってはそれどころの騒ぎではありませんね。

なんせ、須藤凛々花は総選挙でファンを煽りまくって貢いでもらっている間も彼氏と繋がっていて、結婚まで考えていたのですから。

 

すでに交際期間は1年間ということで、かなりの間ファンを裏切っていたことになりますね。

アイドルにとって恋愛はファンを裏切る行為だという意見は多いです。

しかし、だからこそ恋愛は隠し通さなければいけないという意見もあり、これを聞いたら須藤凛々花のあのタイミングでの結婚宣言はアリだと思えてきたのです。

 

あの明石家さんまは、道重さゆみにこんな発言をしていたことがあります。

「『明日大阪で握手会、明後日仙台で握手会、来てね』いうて飛んできてくれる男なんかおらん。彼氏かて旦那かて、そんな男おらんわ。ファンだけなんや、そんな我儘についてきてくれるんは。そやから恋愛は絶対隠さなあかんねん。それがファンへの礼儀や。」

明石家さんまの持論としては、隠すなら最後まで隠し通せなければ恋愛なんてするなってってことを言いたいのでしょう。

 

明石家さんまがこう言ったからどうだって話ではありますが、そう考えると須藤凛々花は1年も前から彼氏と結婚の約束までしたいたのに、これまでずっと隠し通してきたということなので、これはこれで須藤凛々花は頑張っていたというべきなのか。

「恋愛禁止」という鉄の掟の中で、恋愛を飛び越えて「結婚」をすることになったのはセーフだという意見もあります。

しかし、ここでイレギュラーな事態だったのが文春砲。

 

しかも総選挙という最悪なタイミングで炸裂してしまうことを事前に知ったことで、須藤凛々花は自ら言うことで、せめてものケジメと償いをしたかったのだろうと思います。

第三者からファンに恋愛と結婚の事実を伝えられるよりは、どれだけ批判されても自らの口で言う方が100倍マシだと思っていたのでしょう。

この度胸と思い切りの良さは、ぶっちゃけ尊敬します。

 

だって、下手したら身の危険も及ぶかもしれないほどの重大発表だったのです。

そして、それは須藤凛々花だけではなく彼氏、結婚相手にも危害が及ぶかもしれないという状況。

彼氏の自宅も文春にスクープされてしまっているので、分かる人には場所が分かってしまうでしょう。

スポンサーリンク

賛成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です