須藤凛々花 結婚相手との馴れ初めや宣言は母親の子宮頸がんの為?

病気

前代未聞の結婚発表をした須藤凛々花の結婚相手として、43歳の理学療法士なのですが、その結婚相手との馴れ初めがかなり気になっていました。

だって、20歳のアイドルが43歳の理学療法士とどこで出会うんですか・・・合コンの可能性もありますが、おそらくは母親の病気である子宮頸がんが関係しているのでは?という噂が。

果たして、結婚相手との馴れ初めや宣言は母親がきかっけだった?

須藤凛々花 会見内容!相手と結婚は卒業後で時期未定!妊娠もなし!

須藤凛々花の母親は子宮頸がんだった

須藤凛々花は元々結構なセレブ家庭で育ちました。

父親は会社経営者として成功していて、海外旅行に毎年行ったり、嗜好品を買いまくったり、高価な食事を食べまくったりと何不自由ない生活をしていたとのこと。

しかし、須藤凛々花が小学2年の時に、父親が亡くなってしまい事態は急変。

 

それまでの、セレブ生活が出来なくなってしまいました。

その後は、家族3人(母親と弟)で貧乏生活に突入。

その後、母親はシングルマザーとして二人の子供を育てつつ、頑張ってきたのですがその頑張りが体に負担をかけていたのか、子宮頸がんが発覚しました。

これは、2016年の総選挙時のスピーチで、コメントしていました。

 

子宮頸がんは、性交渉によってHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染することによって発症します。

子宮頸がんの90%以上の人からHPVが検出されているそうです。

ただし、発症する人は一部だと言われていて、その時の免疫状態などによって感染しやすくなるとのこと。

 

おそらく須藤凛々花の母親は、シングルマザーとして頑張っていた時に、ストレスもあったでしょうし、人肌も恋しかったのかもしれません。

その状況で、子宮頸がんに感染してしまったものと思われます。

子宮頸がんの症状としては、生理以外で出血したり、生理中に量が増えたり、機関が長引くようであれば病院へ行ったほうがいいです。

スポンサーリンク

病気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です