小林麻央 足のむくみ(画像)意味は癌の余命1ヶ月!?

自由

乳がんのステージ4で末期とされる小林麻央ですが、足のむくみ(浮腫)に関して気になっている様子。

小林麻央はすでに末期であり、末期癌患者の足のむくみというのはどんな意味があるのか?余命を表しているのか?

そんな小林麻央の足のむくみについて調べてみました!画像は?

小林麻央 葬儀(告別式/お別れ会/一般弔問)の日程や場所

スポンサーリンク

小林麻央の足のむくみ(画像)

小林麻央がブログ更新し、足のむくみについて記事を書いていました。

アメンバー限定記事ではないものの、詳細なことまでは書けませんのでご了承下さい。

 

小林麻央は現在、乳がんのステージ4であると同時に遠隔転移(全身転移)していて、骨や肺や皮膚など、血液やリンパの流れで癌細胞が全身に回っている状態です。

これまでにも、顔への転移も確認され、最悪は脳への転移も考えられます。

そんな小林麻央は、少し話すだけでも息苦しいという内容を書いていましたが、すでに肺への転移が確認されていて、肺へ癌が転移するといわゆる肺がんになり、咳が頻繁に出るようになったり、息苦しさを感じるようになってきます。

あの野際陽子さんが肺がんでお亡くなりになりましたが、肺がかなり萎縮していたとのことで、その影響もあると思います。

 

さらに、今回は足のむくみについても書かれていて、画像を見るとかなりむくんでいます。

記事や画像はどなたでも見れますので、KOKOROブログで御覧ください。

小林麻央KOKOROブログはこちら

見た感じでは足首が見えないくらいかなりむくみが出ていますね。

一般的にむくみというのは、血液循環が滞ることで生じます。

 

小林麻央は肝臓の話もしていて、薬での治療をしているとのこと。

スポンサーリンク

肝臓はアルブミン(タンパク質の一種)や水分量などを調整してくれているのですが、この肝臓の機能が低下することで、血液中の水分が外に出ていってしまい、むくみとなるのです。

おそらく小林麻央のむくみはこの肝臓の機能低下によるものだと思われますが・・・

小林麻央 葬儀(告別式/お別れ会/一般弔問)の日程や場所

末期癌患者の足のむくみが表すのは余命1ヶ月!?

小林麻央の足のむくみは余命が近い可能性もあるとのこと。

末期癌患者は余命が近くなると足のむくみが現れることがあるようです。

終末期の足のむくみも大事な指標の一つだ。

「がんに伴う両下肢のむくみには薬によってコントロールできるものと、できないものがありますが、できなくなると余命1ヵ月くらいになったなと判断します。腹水のコントロールも同様です」(医療法人社団つくし会理事長・新田國夫医師)

引用:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35285?page=2

 

今回の小林麻央の場合は、薬を飲んでいることから治療不可なむくみじゃない可能性があります。

この薬によってむくみが解消されれば、余命もまだまだ伸びるでしょう。

しかし、むくみがこのまま薬でも治らない場合は・・・

 

現状では、その他の部分のケアなども行いながら、この薬でむくみが取れることを祈るしかありません。

小林麻央 乳がんで死去(余命) 市川海老蔵の記者会見内容

スポンサーリンク

自由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です