野際陽子 死因の肺がんは喫煙が原因?症状やステージは?

肺がん

女優の野際陽子が肺がんで81歳で亡くなりました。

野際陽子と言えば、大女優としてこれまで数々のドラマや映画などに出演してきましたが、肺がんを患ってからは一時的に回復するも、治療を続けていました。

死因が肺がんということでしたが、原因は喫煙だったのか?症状やステージなどを調べてみました。

野際陽子が肺がんで亡くなる

超大物女優といっても過言ではない野際陽子ですが、81歳にして肺がんで亡くなりました。

まずは、ご冥福をお祈りします。

野際陽子は2014年に肺がんが発見されました。

 

当時はかなりの辛い状況だったにも関わらず、仕事を優先していたということで、プロ意識がものすごい人だったのです。

その時に発見された肺がんは、比較的早期の発見だったことから、治療は上手くいき肺がんを克服したかに見えました。

しかし、翌年に再発してしまいます。

 

手術をして、なんとか一命は取り留めたものの、かなり肺事態が萎縮してしまっていて、呼吸事態が苦しい状況でした。

そんな中でも、抗がん剤治療によって仕事復帰できるまでになります。

野際陽子という女優は本当に強いです。

 

ですが、2017年5月末頃から体調不良の為に緊急入院してしまいます。

今後も仕事は入っている状況で、いつ復帰できるのか心配されていた矢先・・・

野際陽子が亡くなりました。

 

体調不良で入院したまま帰らぬ人となってしまいました。

肺がん発覚後、約3年という期間で亡くなりました。

本当に惜しい人がまた一人この世を去りましたね。

 

改めて、ご冥福をお祈りします。

 

野際陽子の死因「肺がん」の原因は喫煙?症状やステージ

肺がんは、その名の通り肺にできるがんのことです。

もしくは、他の臓器からのがん細胞が肺に転移しても肺がんになります。

肺がんになる原因はいろいろな要因があるものの、メインとなる原因はやはり喫煙&受動喫煙です。

 

野際陽子は若い頃に喫煙者だったことが分かっているので、喫煙が原因だったのかもしれません。

しかし、同時に周りにタバコを吸う人が多い環境だったのであれば、受動喫煙によっても肺がんの原因になった可能性もあります。

受動喫煙とは、タバコを吸って出てくる煙(副流煙)を、第三者が吸ってしまうこと。

タバコの煙には、タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、火のついた先から立ち上る「副流煙」に分かれます。この副流煙には、主流煙に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素が4.7倍も含まれています。

スポンサーリンク

肺がん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です