日焼けの原因!赤くなる痛みや熱っぽくなって寝れない時の処置をご紹介!

シェアする

FireShot Capture 25 - 2448px-日焼け.jpeg (2448×3264)_ - https___upload.wikimedia.org_wikip

どうも、Answerです!

外に出ると、日焼けが気になる季節ですね。

今回は、その日焼けについて、いろいろ書いてみようと思います!

スポンサードリンク

日焼けはなぜ起こる?原因は?

日焼けは日光が皮膚に及ぼすいろんな影響のことですが、一言で「日焼け」といってもいろいろあります。

まず日焼けで肌の色が黒くなる現象についてですが、これは紫外線B波(UVB)と近赤外線が原因で起こります。UVBと近赤外線は透過性が高く、UVBは皮膚の真皮の部分まで、近赤外線に至っては皮下脂肪を越えて筋肉まで到達します。

これにより、皮膚にある基底細胞がメラニン色素を作り出し、肌の色が黒くなります。

次に日焼けで肌の色が赤くなる現象についてですが、これは先ほど書いたのとは違って、紫外線A波(UVA)が原因で起こります。紫外線によって血管が広がって、皮膚の細胞が傷つくために赤くなります。軽いやけどのような状態になるわけです。

日焼けがイヤなら、どうやって予防する?

やけどみたいになるのはイヤですよね。そもそも肌が黒くなるのだってイヤだという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

これを予防する方法をあげていきます。

直接日光を浴びないようにする

具体的には、

  • 日傘
  • 帽子
  • カーディガン
  • ストール
  • アームカバー
  • サングラス

などを使って、紫外線や近赤外線が直接当たるのを避けるという方法です。

UVケア化粧品を活用する

「SPF50+」「PA++++」などのスペックを持った日焼け止めや、メラニン色素の生成を抑える働きを持つ美容液が今なら目白押しなので、積極的に活用したいところです。

スポンサードリンク

「肌を黒くしたい」という方も、必要以上に紫外線や近赤外線を浴びるのは危険なので、焼く時には日焼け用のオイルなどで肌を守りましょう。

食事で、体の内側から紫外線対策

日焼けに効果がある栄養素には、

  • ビタミンA…抗酸化作用あり。βカロチンやリコピンはそれ自体が太陽の光を守ってくれます。
  • ビタミンC…メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの生成を促進。
  • ビタミンE…抗酸化作用あり。
  • オメガ3脂肪酸…日光から肌を守る効果あり。
  • 各種ポリフェノール…日光から肌を守る効果あり。

などがあります。

具体的に何を食べると効果的かというと、

  • トマト…リコピン、ビタミンCが豊富。スイカ、グレープフルーツあたりも○。
  • サツマイモ…βカロチンが豊富。緑黄色野菜は日焼けに有効。
  • アーモンド…ビタミンEが豊富。
  • イワシ…冷水魚にはオメガ3脂肪酸がたっぷり。サケ、サバ、ニシンも○。
  • お茶…没食子酸エピガロカテキンというポリフェノールが豊富。
  • ビターチョコレート…これもポリフェノール豊富。ただし砂糖は日焼け対策にはよくないので控えめに。

あたりですかね。

日焼けで痛くなったり熱っぽくなったら…?

それだけ対策を講じていても、実際には炎天下にさらされて肌がヒリヒリ、というのはけっこうあることです。これに対してはとにかく、

  • 冷やす
  • 保湿する
  • 水分補給する

といった応急処置が有効です。日焼けは「やけどの一種」なので、やけどの応急処置みたいにやればいいということです。

まとめ

とはいえ、夏の真っ盛りにしなければならないことというのはそう多くないのが日焼け対策のようです。ふだんから備えておくことが重要みたいです。

外に出ても日光にやられない体を作りましょう!

スポンサードリンク
いいねよろしくお願いします!
日焼けの原因!赤くなる痛みや熱っぽくなって寝れない時の処置をご紹介!
この記事をお届けした
Answer Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする