【セシルのもくろみ】ドラマあらすじやキャスト!真木よう子がファッション業界に!

セシルのもくろみ

こんにちは!今回は、ドラマ「セシルのもくろみ」のあらすじやキャストについて書いてみたいと思います。

見どころは、もちろん、スタイル抜群の真木よう子さんのファッションです。

楽しみですね!

スポンサーリンク

【セシルのもくろみ】ドラマあらすじやキャスト

2017年7月からフジテレビで放送されるドラマです。

毎週木曜日の夜10時~の予定です。

原作は唯川恵さんが光文社文庫から出版された「セシルのもくろみ」です。

 

脚本は、ひかわかよさんで、話題作となった「救命病棟24時」「医龍4」などを手掛けられました。

どのドラマも視聴率が高かったので、今回もかなり期待大ですね!

 

もともと原作は、「STORY」というファッション誌で連載されていました。

唯川恵さんは、29歳の時、集英社第3回コバルト・ノベル大賞を受賞した「海色の午後」でデビューされ、2001年に第1264回直木賞をとった「肩ごしの恋人」が、米倉涼子さん主演で初ドラマ化されました。

 

そして、今回。。。

期待はふくらみます。

 

今回の作品は、簡単に言えば、平凡な女性がファッションモデルになるために努力を積み重ねていくという物語です。

でも、一筋縄ではいかないところが、ドラマの醍醐味。

今回もいろいろなことが起こります。

 

例えば、女性のドロドロ関係やフワフワした浮いた心。

また、家庭と仕事との両立の難しさなど、女性から共感を持たれそうな要素が、あちらこちらに散りばめられています。

 

原作は、終わりがあっさりしているという声も多いようですが、ドラマでは盛り上がるかが注目されるところですね!

 

ちなみに、タイトルにある「セシル」、どんな意味かわかりますか?

 

「セシル」は、フランスの小説家、フランソワーズ・サガンの名作「悲しみよこんにちわ」の主人公の名前からきているそうです。

主人公セシルは、顔はとてもかわいいのですが、心の中はとても恐ろしい”もくろみ”であふれています。

その”もくろみ”の中には、女性自身の奥底に潜む、女性の悩みや葛藤、思惑などの「女」というとてつもなく深い意味が込められています。

 

そのことを頭に置いてみると、より深くドラマが楽しめるかもしれませんね!

 

キャスト

宮地奈央・・・真木よう子

夫と中学1年生の息子との3人暮らしをしている、普通の専業主婦。

でも、もともと体育会系なので、とても威勢がいい。

 

浜口由華子・・・吉瀬美智子

ヴァニティのカバーモデルをしている。

モデル界では知らない人はない存在。

スポンサーリンク

女性の憧れのすべての要素を持った、パーフェクトな人。

 

沖田江里・・・伊藤歩

ヴァニティのライター。

もともとファッションブランドをPRする仕事をしていたが、今はファッションライターをしている。

 

黒沢洵子・・・板谷由夏

ヴァニティの編集部のデスク。

元モデルで、その経験を生かして編集部で剛腕をふるっている。

奈央をスカウトする。

 

安永舞子・・・長谷川京子

ヴァニティの元モデルで、今はテレビのコメンテーター。

少しきつめの性格。

でも、自分なりの心情は一本筋の通ったものを持っている。

夏ドラマ2017あらすじ/キャスト/主題歌ご紹介!【随時更新】

【セシルのもくろみ】真木よう子がファッション業界に!

なんといっても、このドラマの注目ポイントは、真木よう子さんです。

何もしなくても美しい真木さん。

 

第1話では、平凡な主婦の真木さんが見られます。

それから、毎週話は展開し、どんどん綺麗になっていく真木さん。

美しい人がさらに美しく輝く展開を見られることが、とても楽しみで仕方ありませんよね~

 

しかも今回は読者モデルの真木さん。

みょ~に親近感がわきます。

しかも、単なるサクセスストーリーではなく、全く違う世界へ飛び込んでいった奈央が、どんどんファッション雑誌業界や、ファッション界に蔓延する「美への呪縛」に風穴をあけ、救世主になっていく、、、

 

そんな生き生きとした姿は、見ているほうにも勇気や元気をあたえてくれます。

始まるのが、本当に待ち遠しいですね!

夏ドラマ2017あらすじ/キャスト/主題歌ご紹介!【随時更新】

スポンサーリンク

セシルのもくろみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です