【ブランケット・キャッツ】ドラマあらすじやキャスト!島崎遥香の演技が見られる!

ブランケット・キャッツ

こんにちは!

今回のドラマは、新しい飼い主を見つけるため、ブランケット(毛布)とともに、2泊3日でトライアルされる7匹の猫たち(ブランケット・キャッツ)をドラマ版に書き下ろされた物語です。

なんと、島崎遥香ちゃんが主要なキャストとして抜擢されていますので、遥香ちゃんの演技が楽しみですね!

スポンサーリンク

【ブランケット・キャッツ】ドラマあらすじやキャスト!

それでは、このドラマのあらすじに焦点を当ててみましょう!

猫の飼い主探しをする謎の家具店の店長さんと、幼馴染の獣医師が出てきます。

原作は、重松清の短編小説で、レンタル猫を借りた家族の物語です。

では、どんなお話か、詳しく見ていきましょう!

 

「ブランケットキャッツ」は、NHKドラマで、6月23日金曜の夜10時から放送が開始されます。

全7話で構成され、原作は重松清さんの「ブランケット・キャッツ」です。

脚本は、江頭美智留さんで、「花咲舞が黙ってない」や「ごくせん」を手掛けられた方です。

それだけでもかなり楽しみです!

 

毎回ゲストが変わりながら、話が展開していきます。

初回のお話は、家具店の店主さんの物語から始まります。

家具の修理店を営んでいる椎名秀亮は、妻を交通事故で亡くし、残された猫たちの新しい飼い主を、幼馴染の獣医師、藤村美咲と探していました。

 

そこに、祖母が大好きだった猫の身代わりとなりそうな猫を探しているヒロミが訪ねてきました。

秀亮は、ヒロミの家を下見し、毛布と猫を一緒に託します。

猫との再会を喜ぶ祖母に、ヒロミはホッとしますが、今度は要求がアップし、ヒロミの婚約者に会いたいと言い出します。

 

そんなこんなで、毛布にくるまった猫たちが、ほんの少し、人々の悩みや苦しみを救っていくというお話です。

原作とは少し構成をかえての制作になっているようです。

そもそも、原作には家具店の店長や獣医師という設定はなく、ドラマオリジナルの登場人物ということになります。

 

原作では、あくまでレンタルされる猫という設定なのですが、ドラマでは新しい飼い主を探すという設定の違いもあります。

初回は、原作通りの「身代わりのブランケット・キャット」と銘うち、主人公のヒロミ役は、ゲストの蓮佛美沙子さんがつとめます。

 

キャスト
椎名秀亮・・・西島秀俊

家具の修理屋さんを営んでいる。亡くなった奥さんの飼っていた猫たちの新しい飼い主を探している。

 

椎名陽子・・・酒井美紀

秀亮の亡くなった奥さん。猫が大好きで、7匹の猫を飼っていたが、2年前に交通事故で無くなってしまう。

スポンサーリンク

 

藤村美咲・・・吉瀬美智子

椎名の幼馴染の獣医師。奥さんを亡くした秀亮をいつも気にかけている。

藤村動物病院で働いている、動物看護士だが、秀亮に店番を頼まれたりすることもたまにある。

 

佐伯さくら・・・唐田えりか

母・奈緒子が経営するさくら食堂の看板娘。

 

佐伯奈緒子・・・美保純

さくら食堂の女将で、子供のころからよく知っている秀亮を心配し、お見合い相手を紹介したりする。

 

第一話ゲスト

立花ヒロミ・・・蓮佛美沙子

祖母との最後の思いで作りのために、亡くなった飼い猫にそっくりな猫を秀亮から引き取る。

夏ドラマ2017あらすじ/キャスト/主題歌ご紹介!【随時更新】

【ブランケット・キャッツ】島崎遥香の演技が見られる!

島崎遥香ちゃんといえば、元AKBのメンバーで、「ぱるる」という愛称で知られていますね!

最近ドラマでちょくちょく見かけるようになってきました。

最初のころは、あまり評価が高くなかった「ぱるる」ですが、最近の評価は上々のようです。

 

なんといっても、女優としての一皮むけた感を感じられるのが、「サラリーマン佐江内氏」のはねこ役。

この演技で、評価はうなぎ上りになりました。

なんと、はねこのシーンで瞬間最高視聴率をたたき出したのです。

 

つまり、時の人の仲間入りをしたといっても過言ではないと思います。

そんな遥香ちゃんが、今度は動物看護士さんの役を演じます。

はねことは似ても似つかない役ですが、遥香ちゃんの演技に期待です!

どんな役でもその役になり切って演じられるようになったら、遥香ちゃんも女優として、もう一回り大きく羽ばたけることでしょう!

夏ドラマ2017あらすじ/キャスト/主題歌ご紹介!【随時更新】

スポンサーリンク

ブランケット・キャッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です