【ブランケット・キャッツ】ドラマあらすじやキャスト!島崎遥香の演技が見られる!

ブランケット・キャッツ

こんにちは!

今回のドラマは、新しい飼い主を見つけるため、ブランケット(毛布)とともに、2泊3日でトライアルされる7匹の猫たち(ブランケット・キャッツ)をドラマ版に書き下ろされた物語です。

なんと、島崎遥香ちゃんが主要なキャストとして抜擢されていますので、遥香ちゃんの演技が楽しみですね!

【ブランケット・キャッツ】ドラマあらすじやキャスト!

それでは、このドラマのあらすじに焦点を当ててみましょう!

猫の飼い主探しをする謎の家具店の店長さんと、幼馴染の獣医師が出てきます。

原作は、重松清の短編小説で、レンタル猫を借りた家族の物語です。

では、どんなお話か、詳しく見ていきましょう!

 

「ブランケットキャッツ」は、NHKドラマで、6月23日金曜の夜10時から放送が開始されます。

全7話で構成され、原作は重松清さんの「ブランケット・キャッツ」です。

脚本は、江頭美智留さんで、「花咲舞が黙ってない」や「ごくせん」を手掛けられた方です。

それだけでもかなり楽しみです!

 

毎回ゲストが変わりながら、話が展開していきます。

初回のお話は、家具店の店主さんの物語から始まります。

家具の修理店を営んでいる椎名秀亮は、妻を交通事故で亡くし、残された猫たちの新しい飼い主を、幼馴染の獣医師、藤村美咲と探していました。

 

そこに、祖母が大好きだった猫の身代わりとなりそうな猫を探しているヒロミが訪ねてきました。

秀亮は、ヒロミの家を下見し、毛布と猫を一緒に託します。

猫との再会を喜ぶ祖母に、ヒロミはホッとしますが、今度は要求がアップし、ヒロミの婚約者に会いたいと言い出します。

 

そんなこんなで、毛布にくるまった猫たちが、ほんの少し、人々の悩みや苦しみを救っていくというお話です。

原作とは少し構成をかえての制作になっているようです。

そもそも、原作には家具店の店長や獣医師という設定はなく、ドラマオリジナルの登場人物ということになります。

 

原作では、あくまでレンタルされる猫という設定なのですが、ドラマでは新しい飼い主を探すという設定の違いもあります。

初回は、原作通りの「身代わりのブランケット・キャット」と銘うち、主人公のヒロミ役は、ゲストの蓮佛美沙子さんがつとめます。

 

キャスト
椎名秀亮・・・西島秀俊

家具の修理屋さんを営んでいる。亡くなった奥さんの飼っていた猫たちの新しい飼い主を探している。

ブランケット・キャッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です