小林麻央 退院&在宅医療で余命は?意味や理由は2つ!

病気

乳がんステージ4で闘病中の小林麻央ですが、29日に退院したとの報告をKOKOROブログで更新しましたね!

これ自体は喜ばしいことなのですが、直近では顎にも癌が転移し、状況的には良くない中での退院なのですが、今後は在宅医療に切り替えるとのこと。

末期がん患者が在宅医療・・・余命やこの意味や理由は2つほどありますのでご紹介します。

小林麻央が退院で在宅医療に切り替え

乳がんステージ4ですでに末期だとされる小林麻央ですが、つい最近は顎にまで癌が転移していることが発覚し、かなり癌の進行が進んでいることが素人でも分かるレベルになっています。

小林麻央の顎に癌転移で脳も!?余命はどうなる?

これまでに、肺や骨や皮膚に転移してきましたが、ここに来て顎にまで・・・

顎まで癌細胞が来ているということで、顎はもはや頭の一部です。

癌は血液やリンパ節で全身に回っているので、そこまで来たら脳転移の可能性も・・・

 

脳転移については前回の記事でも書きましたが、脳転移の可能性は40%ほどあります。

癌の中で脳転移の可能性が高いのは、肺癌が最も高く、続いて乳がんなのです。

ですから、今後は脳転移の可能性も・・・

 

そんな中で、ひとまずの退院ということで、これからは在宅医療に切り替えるとのこと。

これからは
在宅医療に切り替え、
自宅で点滴など続けながら、

在宅医療の先生、看護師さん
そして何より 家族に
支えてもらいながら
生活していきます。

引用:https://ameblo.jp/maokobayashi0721/

ということで、今後は在宅医療の専門スタッフによる自宅での治療になったのです。

末期癌患者の在宅医療と言えば、ちょっとイメージ的にあまりいいイメージがありませんが果たして・・・

 

小林麻央の在宅医療で余命は?意味や理由は2つ!

さて、小林麻央の「これからは在宅医療に切り替え」という言葉。

一般的に癌患者が在宅医療に切り替えるという意味は・・・そう余命が迫っていることを意味している場合が多いのです。

スポンサーリンク

病気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です