田中聖の大麻所持の理由はINKTブラジル公演がきっかけだった?

田中聖 逮捕 大麻

元KAT-TUNでバンドINKTのボーカルである田中聖が大麻所持で現行犯逮捕されましたが、なぜ大麻が落ちていたのかは明らかになっていません。

しかし、本人の否定とは裏腹に明らかになってくる過去の影響からか、大麻所持で逮捕も納得する人も多いですね。

本人の思惑とは違い、大麻所持が本当であれば、それはINKTのブラジル公演で大麻を使用した可能性が浮上しているらしい・・・

スポンサーリンク

田中聖の大麻所持はクロかシロか

田中聖が大麻所持の現行犯で逮捕されましたが、取り調べでは本人は完全否定しています。

しかし、田中聖の大麻所持や使用疑惑については、シロという人もいればクロという人もいます。

クロと思っている人は、過去に田中聖が警視庁からマークされていたことを知っていた、もしくは知ったからでしょう。

田中聖の大麻疑惑はデビュー当時から!現在は彼女と同棲か?

 

さらに、ジャニーズに入ってKAT-TUNとしてデビューしてからも数々の女性問題や、禁止事項を破るなどの行為から脱退させられたという事実も合わさって「やっぱりな」という人がいるわけです。

そして今回はたまたまかもしれませんが、落ちていた大麻は花穂と呼ばれる大麻の花の部分なのですが、これは通常の大麻よりも幻覚症状が出やすいようです。

なので、もしこれらを長年使用していたとしたら・・・

 

さらに、今回捕まった時に、警察の自ら隊のパトカーを見た瞬間にスピードを上げたために、怪しまれて職質されたことも余計に怪しまれていますね。

スポンサーリンク

そして、車内にあった巻くための紙、これはタバコをブレンドして巻くためのものであると供述していました。

これももしかすると大麻も一緒に・・・なんて考えられてしまうから怖いです。

 

クロかシロかどうなんだ・・・

 

田中聖の大麻所持の理由はINKTブラジル公演がきっかけだった?

ここからの話はあくまで田中聖が大麻に手を出していたとしたら、どこでその存在を知り、体験し使用するきっかけになったのかという話です。

デビュー当時から警視庁のマークが付いていた田中聖ですが、大麻自体に手を出したとしたら、バンドであるINKTの活動のさなかだったという人物がいます。

田中容疑者には、ハッパに手を出すキッカケがあったのではと音楽ライターが指摘する。それは15年7月のブラジル公演だったというのだ。

「日系人が多いブラジルでは日本文化への関心が高く、アニメとJ-POPをゴッチャにしたイベントも開催されるほど。それゆえINKTの海外初進出には絶好の場所だったのでしょう。そのブラジルでは少量での個人使用ならハッパ所持で逮捕されることはなく、日本よりもはるかに簡単に入手できます。田中もそこで試してしまい、ハマってしまった可能性が考えられるのです」

引用:http://www.asagei.com/excerpt/81748

確かに日本では所持そのものが犯罪になる大麻ですが、世界では合法のライン(量や使用方法など)に違いはあれど大麻の所持も使用も認めている国があります。

例えばアメリカのワシントン州では21歳以上なら最高1オンス(約28g)の所持が認められています。

ただし、公共の場での吸引は禁止されています。

 

というように、国ごとに合法ラインが違うのです。

田中聖が大麻に興味を持ったとしたら、先程のブラジルの経験がきっかけだったのなら2015年からが怪しいですね。

あくまで仮定の話ですが、クロならこの可能性は高いですね。

スポンサーリンク

田中聖 逮捕 大麻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です