生前退位とはどんな意味?年号はどうなる!?天皇陛下と皇室典範問題!

Answerです。7月13日、天皇陛下に「生前退位」の意思があることが報じられました。

さて、この「生前退位」というのはどういうことなんでしょうか?また、これによって年号は今の「平成」から変わってしまうんでしょうか?そもそも、今の日本で天皇の生前退位は可能なんでしょうか?

このへんを書いていこうと思います。なお、内容上法律の話がかなり多くなります。なんとかわかりやすく説明しようと思いますので、よろしくお願いします。

陛下が生前退位を決意されるまで

最初に、「生前退位」という言葉の説明から。

まず「退位」とは、辞書には、

君主がその地位を手放すこと。

とあります。「生前退位」とは、この退位を生きているうちに行う、ということです。

つまり、「天皇陛下が生前退位される」ということは、「今のご存命の間に、陛下が天皇でなくなる」ということになります。また、陛下によって手放された天皇の位は、皇太子殿下に移ることになります。

 

ではどのような理由で、陛下は退位、すなわち皇太子殿下への譲位を決意されたのでしょうか?

この「生前退位」を最初に報じたNHKの解説によると、次のようなお考えからのようです。

82歳の誕生日を前に、記者会見で、「年齢というものを感じることも多くなっている」と述べられた天皇陛下。「天皇の務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」と考えられ、「務めが果たせなくなれば、譲位すべきだ」というお気持ちだということです。今後、年を重ね、ご自身の考える天皇としてのあるべき姿が体現できなくなる前に天皇の位を次の世代に譲られたいということだと思います。天皇陛下がこうした考えを示されたのは、5年ほど前のことで、以来、この考えを一貫して示されてきたということです。

 

陛下ももう82歳とご高齢です。さらに前立腺がんや狭心症の手術を受けられていて、若い頃に比べるとかなり弱ってきておられることは間違いないでしょう。陛下は当分現在のペースで公務をされるとのことですが、これもいつまで続けられるかわかりません。

 

近年日本以外の国でこの「生前退位」が行われた例としては、2013年のバチカンのベネディクト16世の例があります。いわゆる「ローマ法王」で、今のフランシスコの前の代になります。

ただ、ベネディクト16世の場合は体調だけでなく、法王庁のスキャンダルの対応で相当心労があったということで、その手の話が表立っていない日本の宮内庁と同列に語るのは正しくないように思います。

 

陛下が退位されたら、年号はどうなる?

現在日本の年号は「元号法」という法律で定められています。この元号法の本則第2項によると、

元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。

となっています。

 

仮に生前退位が行われたとすれば、この時点で「皇位の継承」が行われたとみなせるので、当然年号は今の「平成」ではなくなるということになります。

 

年号が変わることで真っ先に影響を受けるのは、おそらくお役所ではないかと思われます。

役所は今も年は西暦ではなく和暦で表すのが普通なので、これを機にシステムの変更を強いられることになります。ソフトウェア業界は「生前退位特需」などというんでしょうかね?

 

そもそも「生前退位」は可能なのか?

ですがちょっと待った。今の法律で「生前退位」はできるんでしょうか?

 

天皇や皇室に関するいろいろなことは、基本的には「皇室典範」という法律で定められています。

この皇室典範の第4条は天皇の即位について定められていて、以下のような内容になっています。

天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。

「皇嗣」とは「天皇の跡継ぎ」のことで、これについては、同じく皇室典範の第2条に、

皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。

一  皇長子

(以下略)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です