藤本敏史が左冠動脈硬化で余命9年!?突然死の可能性と改善法は?

藤本敏史 左冠動脈硬化 余命

お笑いコンビのFUJIWARAの藤本敏史が「名医のTHE太鼓判」に出演した際に、人間ドックを受けたところ・・・なんと余命9年との診断が!!

その原因は動脈硬化が見られるとのことで、このままいけば9年以内に突然死の恐れがあるとのこと。

動脈硬化による突然死の可能性や改善法は?藤本敏史は動脈硬化を改善出来るのか?

藤本敏史が左冠動脈硬化で余命9年を宣告される

テレビ番組とは言え、さすがにその場で余命を宣告されるという自体に驚いていたのは他でもない藤本敏史です。

「名医のTHE太鼓判」に出演した際に、人間ドックを受けたところ・・・動脈硬化のリスクが高いことから余命を9年と宣告されてしまいました。

これは、非常にショッキングな状況ですね。

 

医師から告げられたのは「左冠動脈の付け根に動脈硬化がある」というもの。

まず動脈硬化の説明をすると、全身に血液を送る為の血管が動脈ですが、この動脈が生活習慣や加齢、さらに食生活などで劣化してしまうと、弾力性が無くなって固くなったり、動脈内に物質が貯まることで血管が狭くなっていってしまっている状態のこと。

つまり、全身に流れるはずの血液を動脈硬化で滞っているということになります。

 

こうなると、発生するリスクとしては脳梗塞や心筋梗塞、大動脈瘤など死に関わってしまう病気に発展してしまう可能性が高いのです。

さて、藤本敏史の左冠動脈の付け根に動脈硬化が見られるとなぜ、突然死のリスクが高くなるのか?

まず左冠動脈とはどの部分かと言えば、心臓が全身に血液を送る太い血管のこと。

左冠動脈

出典:http://stlukes.sakura.ne.jp/top/coronary.htm

 

心臓が全身に血液を送っているからこそ、莫大なエネルギーを必要とします。

このエネルギーを補う目的で心臓自身に血液を送る血管こそが冠動脈なのです。

つまり、藤本敏史はこの心臓のエネルギー補給するための血管に動脈硬化が見られているのです。

 

ということは、この動脈硬化が進んでいくと、心臓へのエネルギー量が必然的に減り、心臓の能力が落ちていってしまいます。

そうなれば・・・心臓が動かなくなっていき・・・という訳です。

藤本敏史の場合は、心筋梗塞の可能性が高くなるということみたいですね。

 

9年なんてあっという間です。

嫁の木下優樹菜が

「いつ死んでもおかしくないってことですよね。ふざけんなよ、いい加減にして」

「まだローンが33年ローンで、『80歳まで俺はひな壇で生きる』って言っていたんだから」

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13091062/

と言っていたのは、藤本敏史に対する愛情でしかありません。

流石にネタではなく本音で、藤本敏史を心配していますね。

動脈硬化の突然死の可能性と改善法

藤本敏史の場合は、左冠動脈の動脈硬化が見られるとのことで、心臓に直接関わる部分であるために、突然死のリスクがあるのです。

藤本敏史 左冠動脈硬化 余命

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です