【小さな巨人】6話あらすじとネタバレ感想!山田が逮捕される!

小さな巨人

小さな巨人第6話ではいよいよドラマ後半戦の豊洲署編がスタートしました!

豊洲署へと配属された香坂と山田と三島ですが、早明学園で起こった事件がきっかけで、今回はなんと山田が逮捕される自体に!!

山田は一体何をしてしまったのか!?

小さな巨人第6話あらすじ

捜査情報を新聞社にリークした処分として豊洲署に異動となった香坂(長谷川博己)は、「早明学園の事務局で経理課長を務めている夫の裕一(井上芳雄)が失踪したから探して欲しい」と横沢亜美(中村アン)に相談される。

その学園の専務・富永(梅沢富美男)は、元警視庁捜査一課長であり刑事部参事官にまでなった男で、退任後に天下りでこの職に就いていた。また、小野田(香川照之)を一課長の座に引き上げた人間であると同時に、捜査一課で勤務していた香坂の父・敦史(木場勝己)を所轄へと異動させた過去を持つ。

香坂は、山田(岡田将生)や祐里(芳根京子)と早明学園に出向き、新人警察官時代に世話になった富永と久々の再会を果たすと、そこで理事長の金崎玲子(和田アキ子)を紹介される。
金崎と富永から失踪事件の聴取をすると「横沢は横領していたが、長年学園の成長を支えてくれた。一大プロジェクトが始まった大事な時期に公にしたくないから示談にする」と言われるのだった。

しかし、この横沢の失踪騒ぎは、のちに日本警察を大きく揺るがす大事件へと発展する——。

引用:http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/story/ep6.html

 

小さな巨人第6話ネタバレ感想!山田が逮捕される!

今回はドラマ後半戦がスタートしました!

豊洲署へ移動してきた香坂と山田と三島の元に、一人の女性から家出捜索の依頼が舞い込みます。

依頼人は横沢亜美で、旦那である横沢祐一が失踪したとの依頼。

 

横沢祐一は早明学園で長年経理をしてきた人物です。

早速、山田と香坂と共に早明学園に出向き聞き込み調査をするのですが、そこでは横沢祐一が学園の金を6000万横領し逃走したとの噂を聞き出すことに成功します。

山田と三島がペアで聞き込みに周っていると、山田は途中から単独行動に。

 

単独行動に出ていた山田は、矢部というに尾行されていることに気付き、矢部を誘い込む為に単独行動に出たのです。

そして、矢部と何かしらの会話をしていた山田。

一方、香坂は学園の理事長である金崎と元捜査一課長だった専務の富永と接触し、横沢が横領したことを告げられます。

 

金崎は穏便に済ましたいと言い出し、金さえ返してくれれば示談で済ますという決断を香坂に伝えます。

しかし、香坂は今回の横領の件と失踪の件は別問題ということを強調し、横沢の捜索に乗り出します。

実は富永は香坂の父親を所轄に追いやった張本人だったことや、明らかに怪しい雰囲気を醸し出していた為か、少しムキになってしまった様子。

 

そして、香坂は山田と再会するのですが、再開する前に矢部と出会い頭に目が合いましたが、矢部はそのまま歩いていきます。

その直後、矢部が来た方向から山田が来たのです。

その時点で山田の行動に疑問を抱いていました。

 

そして、山田が単独で横沢の家に出向いて捜査していることを知り、山田抜きで横沢の捜索を決行します。

横沢亜美から三島が聞き出した情報によれば、横沢は以前自宅に矢部を連れてきたことがあることが発覚。

矢部もまた早明学園の経理を行っていたのです。

 

スポンサーリンク

小さな巨人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です