中村獅童タバコで肺腺がん?原因/症状/治療法は?

中村獅童 肺腺がん

中村獅童が初期の肺腺がんということですが、初期であることから手術で完治できるとのことでとりあえず大事にならなくて良かったですね。

肺腺がんは肺がんの一種であり、初期であれば完治できるがんなのです。

中村獅童はタバコが原因で肺腺がんになったのか?さらに症状や治療法なども調べてみました。

スポンサーリンク

中村獅童が肺腺がんに!原因はタバコで過去には脳動脈瘤も

中村獅童が嫁の勧めで受けた人間ドッグによって、肺腺がんが見つかりました。

しかし、かなり初期の状態だったために、手術をすれば完治するということで、とりあえず一安心ですね。

「がん」と言えば、かなり重大な病気であることには変わりないのですが、中村獅童の肺腺がんは初期症状が分りづらいことが特徴です。

 

なので、嫁に人間ドッグを勧められなければ、おそらく発見がかなり遅れていたかもしれません。

肺腺がんは肺がんの一種でもあり、肺がんは日本人ががんで死亡する確率の中で常に上位にくるほどのがんです。

なので、本当に嫁に感謝ですね。

 

そんな肺がんは、タバコを吸っている喫煙者は肺がんになる確率が吸わない人に比べて高くなることから、中村獅童もタバコが原因なのか?と言われています。

タバコが原因と言われていた理由としては、2015年に脳動脈瘤という脳の血管の強度が弱まった部分に血液が溜まって、膨張したり破裂したりする病気になっていて、これは殆どが先天性が原因とされていますが、外部的な要因としては脳への衝撃や高血圧や動脈硬化などの症状によっても起こりえます。

特に喫煙者は高血圧や動脈硬化になりやすく、血管を劣化させることは知られていますので、中村獅童も喫煙者だっただけに、脳動脈瘤になったので、今回の肺腺がんもタバコが原因かもと言われていたのです。

 

しかし、この脳動脈瘤になってから、中村獅童は禁煙生活をしているとのことで、タバコが原因というわけでもないのです。

肺腺がんの場合は喫煙者は、そのリスクが高まることは知られていますが、喫煙者じゃなくても発症することもあるのです。

スポンサーリンク

なので、中村獅童の場合は、一度脳動脈瘤になっている関係で肺がやられていた可能性があるのでは?

 

しかし、症状が比較的初期だった為に、手術で完治するとのことでした。

40歳を過ぎるとやはり結構リスクが高まるので、人間ドック行ったほうがいいですね。

 

中村獅童もなった肺腺がんの症状と治療法は?

肺がんの一般的な症状は、咳と痰が出たり、胸が痛くなる、血の混じった痰が出るなどありますが、肺腺がんの場合はその原因は肺の奥の方にできるので、初期症状が分りづらいのです。

実際に中村獅童も「自覚症状は全く感じられない」とインタビューで言っていました。

なので、肺腺がんの怖いのは自覚症状が出始めていたらすでにかなり進行しているというものなので、人間ドックの重要性が浮き彫りになりますね。

 

治療法に関しては、初期の段階の場合は手術してがんを摘出すればほとんどは完治すると言われています。

中村獅童も医者から「手術で完治する」と言われていたので。

しかし、これが今回のように初期段階で発見できず、進行スピードの早い肺腺がんが他の部分に転移していたりすると、進行度合いがひどければ5年以内の生存率は10%にも低下するのです。

肺腺がんの治療法としては「NK細胞療法」を勧めているクリニックがあります。

最近では免疫力の主役はNK細胞であると考えられており、肺腺がん治療にも、NK細胞を選択的に増殖させた「NK細胞療法」で良い結果が期待できます。

「NK細胞療法」は治療実績の多い「活性化リンパ球療法」から進化した治療法です。
がんのクリニックでは、肺線がんには、NK細胞を活性化し増殖させる「NK細胞療法」が最も適していると考え、施行しております。

引用:http://gannoclinic.jp/cancer/haisen.html

その他にも細胞を活性化させてがんと戦う療法などもあるようです。

とにかく一番の予防は、人間ドックなどの健康状態を把握できる検査を定期的に受けることですね!

スポンサーリンク

中村獅童 肺腺がん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です