村田諒太が世界初挑戦でまさかの判定負け!

村田諒太 世界初挑戦

プロボクサーの村田諒太がWBA世界ミドル級王座決定戦で、相手のアッサン・エンダムを終始圧倒し、初挑戦にて世界王者になるかと思いきや、なんと判定負け・・・

世界初挑戦ということで、どうなるかと思っていましたが、ダウン奪って終始追い詰めていたのになんで!?

村田諒太がWBAミドル級世界初挑戦で判定負け・・・

いやー、リアルタイムで試合を見ていましたが本当にすごかったですね!

相手のアッサン・エンダムはカメルーン出身で、カメルーン代表として2度のオリンピック出場をしている強者で、これまでプロでの試合は37戦と村田諒太の12戦よりも経験値は高いです。

さらに、村田とはファイトスタイルも正反対で、アッサン・エンダムは足を使ってリングを広く使うのに対して、村田諒太はじわじわと相手に向かっていきプレッシャーを掛けていくタイプ。

 

フルラウンド戦い抜きましたが、見ている限り村田諒太が終始プレッシャーをかけまくっている様子。

村田の右ストレートやジャブがいい感じに当たっていて、相手のアッサン・エンダムは一度のダウンを奪われていました。

最終的に判定になりましたが、一人目はアッサン・エンダム!?

 

ちょっとこの判定意外だったのですが、二人目は村田諒太でこのまま村田諒太がチャンピオンになると思いきや・・・三人目もアッサン・エンダム・・・

思わず「なんでやねん!?」と大阪人でもないのにテレビに突っ込んでいました。

スポンサーリンク

村田諒太 世界初挑戦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です