iphoneのうざい通信制限にすぐなる人の為の原因と対処・節約法まとめ!

どうも、Answerです!

スマートフォンを使っていると、高速でインターネットにつなぐことができてしまうので、ついつい使いまくってしまいがちで、気付いたら通信制限の上限に達してしまいそう、という経験をお持ちの方は少なくないんじゃないでしょうか?

今回は、対象をiPhoneに絞って、その対処法を伝授しようと思います!

そもそも、なぜこんな制限があるの???

スマートフォンの高速回線はLTE(Long Term Evolition)と呼ばれる規格の回線で、データを1秒当たり最大100メガバイト受信できます。

ですが、各通信事業者(日本ならばドコモ、au、ソフトバンク)は、月当たりのLTE回線でのデータ通信量を最大7ギガバイトまでに制限しています。先ほどの通信速度から計算すると、最短70秒くらいでこの制限に達してしまいます。

 

なぜ、こんな制限があるんでしょうか?

理由は大きく2つあります。

 

回線の混雑を防ぐ

通信網における回線というのは、交通網における道路と同じで、「道幅」が決まっています。

そして使う人が増えれば増えるほど混雑します。混雑すると「渋滞」し、スピードはめっきり落ちてしまいます。

事業者側からすると、「常に渋滞する高速道路」は使ってもらえないので、当然「交通整理」する必要が出てきます。「この回線遅い!」と苦情を言う人を最小限にとどめたいわけです。

これが、通信制限がある理由の一つです。

 

利用者の公平性を保つ

普通、道路というのは公共のものですよね。そこにいる人全員が使ってもいいものです。

通信回線もまったく同じです。

 

「公共のもの」なので、「特定の人に回線を独り占めされる状態」は、それを提供する事業者としては許してはいけないものです。絶対に避けなければならない。

これが、2つ目の理由です。

 

このような事情から、考えずに使っていると、けっこうすぐ制限がきてしまいます。

制限に達すると、通信速度が1秒当たり最大128キロバイトにまで落ちてしまいます。LTE回線でつないでいる時のザッと800分の1になるわけです。

使っている側としては、これはけっこうなストレスなので、この状況はなんとか避けたいところでしょう。

次以降で、その対策について書いていきます。

 

7Gの通信制限に達する基準とは?

では、どんな使い方をすれば通信制限に達するのか、各社の目安をご紹介します!

 

SoftBank

メールの送受信なら
(1通あたり500KB)およそ14,630

ホームページの閲覧なら
(1ページあたり300KB)およそ24,430ページ

動画の視聴なら
(1分あたり4MB)およそ31時間30

音楽のダウンロードなら
(1曲あたり4MB)およそ1,750

 

au

うたパス(1曲あたり約5MBとして計算)18時間の再生(5分程度の楽曲で約200曲分)126時間の再生(5分程度の楽曲で約1400曲分)
ビデオパス2時間半の再生17時間半の再生
ニュースサイトなどの閲覧(1ページあたり150KBとして計算)6600ページ46200ページ
メール送受信(1通あたり500KBとして計算)200014000
ネット動画の閲覧(512kbps程度の中画質で、1分あたり4MBとして計算)4時間28時間

 

動画が一番ヤバイ!

docomoの目安が見つかりませんでしたが、やはり皆さんもご存知の通り、動画の閲覧が一番やばいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です